不貞相手から慰謝料250万円を獲得した事例

相手方が依頼者の夫と不貞行為をしたので慰謝料請求したい

離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:約250万円

事案概要

ある時突然、依頼者の夫が、好きな女性ができた様子であった。夫はエスカレートして行き、依頼者に離婚を切り出した。そして夫は外泊するようになり、あまり帰宅しなくなった。
この過程で、依頼者は、夫の不貞相手と電話で話したが、あまり反省する様子もなかった。
そこで、不貞相手女性に対する慰謝料を請求したいと、ALGに相談した。

弁護士方針・弁護士対応

不貞相手女性に、手紙を出し、慰謝料を請求した。すると不貞相手女性も弁護士をつけて、反論するようになった。不貞相手女性は、依頼者の夫と同棲をしている様子だったので、依頼者は、同棲をやめるよう求めたが、不貞相手女性は同棲をやめることや依頼者の夫と接触することなどをやめることは約束できないと言った。
そのため、依頼者としても、低額の慰謝料で合意することはできなかった。

結果

不貞相手女性は、依頼者の夫との同居や交際をやめるに至った。慰謝料額は、約250万円で合意するに至った。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー