慰謝料を半減させ、早期に離婚成立した事例

離婚調停

状況 離婚
離婚の原因 不倫・浮気 有責配偶者
離婚の争点 慰謝料
手続きの種類 調停
担当事務所 埼玉法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:500万円
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:250万円

事案概要

依頼者様の不貞行為が発覚し、別居を開始しました。その後、相手方から婚姻費用分担の調停が申立てられ、依頼者様から離婚調停を申立てました。
当初、依頼者様のみで調停の対応を行っていましたが、相手方には代理人弁護士が付いていることや不貞行為に関する証拠が提出されてしまったことから、ご自身での対応が困難となり、弊所にご相談に来られました。

弁護士方針・弁護士対応

ご相談当日に持参してただいた証拠は、不貞行為を認定するに十分な証拠でした。そこで、担当弁護士は、仮に訴訟になっても、不貞行為を認定され、相当程度の慰謝料を支払うことになると考えました。そうであるならば、調停の段階から一定程度の慰謝料を支払い、早期に離婚できた方がご依頼者様の利益になると考えました。
また、相手方は、相当程度の財産を保有していることが伺えました。
そこで、我々からは、あえて財産分与請求をしない代わりに、早期調停成立と慰謝料減額に応じて欲しいと主張しました。

結果

上記主張・立証を行った結果、弁護士介入から2回目の調停で離婚が成立し、慰謝料も250万円程度にまで減額することができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー