慰謝料額180万円で早期の和解ができた事例

慰謝料請求

離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求
手続きの種類 裁判
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:ほぼゼロ回答
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:180万円

事案概要

依頼者の妻は相手方と不貞関係にあったので、依頼者から相手方に精神的損害を理由とした慰謝料請求をした。 不貞関係の内容や経緯からして、請求自体は否定しがたいものであることは相手方も暗に認めていたが、慰謝料金額については、ほぼゼロ回答を続けていた。それでも依頼者は回収をしたい、とのことだったので訴訟受任。

弁護士方針・弁護士対応

事情を聞くと、不貞行為の内容や経緯からは、不貞相手がひどい態様で不貞行為をしていたことから、相当額の請求が認められる話であった。しかし昨今の訴訟では、離婚に至っていない夫婦の一方による不貞行為に基づく損害賠償請求金額は、その上限を金200万円に抑え込まれる傾向が強い。しかしながら、依頼者の気持ちを考えて、請求金額を400万円として訴訟提起した。

結果

訴訟期日における事実関係の整理、及び期日における話し合いの結果、請求金額よりは下がるも、金200万円の上限に近い金180万円の和解を取り付けた。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー