受任から約3ヶ月で、慰謝料150万円一括払いで合意が取れた事例

慰謝料請求

離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:ほぼゼロ回答
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:150万円一括

事案概要

依頼者の妻は相手方と不貞関係にあったので、依頼者から相手方に精神的損害を理由とした慰謝料請求をした。 不貞関係の内容や経緯からして、請求自体は否定しがたいものであることは相手方も暗に認めていたが、慰謝料金額については、ほぼゼロ回答を続けていた。それでも依頼者は回収をしたい、とのことだったので交渉受任。

弁護士方針・弁護士対応

事情を聞くと、不貞行為の内容や経緯からは、不貞行為の事実は明らかで、相当額の請求が認められる話であった。しかし先方の資力等の問題があったので、ある程度減ずることもやむなしとしつつ、早期解決をする、という方針で交渉に当たった。

結果

受任から約3か月で、金150万円一括支払いの合意を取り付けた。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー