解決金を10分の1以下に減額し、離婚成立した事例

離婚交渉

離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 財産分与
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    相手方が離婚に応じない、応じるとしたら3000万円の解決金の要求
  • 【依頼後・終了時】
    解決金200万円の支払いで離婚が成立した

事案概要

依頼者は夫であり、会社員であったが、約20年前に妻とは別居している。別居の理由は、依頼者の不貞であった。その後、しばらくの間は生活費等を支払っていたが、ある時から住宅ローン(依頼者名義)の支払いを停止し、生活費の支払いもしなくなった。別居期間が長期間となり、子もいないことから、早期に離婚したいということで相談にきた。依頼者から相手方へ何度か離婚の申し出をしているが、相手方の態度は離婚をしないという対応であった。

弁護士方針・弁護士対応

別居期間が長期となっているので、早期に離婚交渉を切り上げて、調停をすべく事件を進めてきた。相手方は解決金3000万円と自宅の財産分与を主張したが、当方としては、そのような要求は飲めないということで、解決金50万円を提案した。

結果

交渉は決裂し、依頼者とは調停契約の締結をして、調停の申立を行ったが、相手方が調停手続きはしたくはないということで、譲歩する姿勢を見せてきた。最終的には、解決金を3000万→200万円まで減額し、不動産を相手方に分与するということで、合意が成立した。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー