婚約破棄に基づく慰謝料請求事件

婚約破棄に基づく慰謝料請求

離婚の争点 慰謝料 婚約破棄
手続きの種類 裁判
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    拒否
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料約60万円

事案概要

依頼者は、相手方と婚約した。依頼者は相手方から婚約指輪をもらい、相手方とともに結婚指輪を作った。ただ、コロナの影響で、必要な手続きが滞り、その間に、相手方が、ささいなことから急に態度を変えて婚約を破棄すると言い出した。依頼者は関係修復を試みたが、相手方は、婚約破棄には正当な理由があると言い張った。そこで、依頼者は、ALGに相談し、婚約破棄に基づく慰謝料請求を依頼した。

弁護士方針・弁護士対応

当初、慰謝料請求の交渉で受任したが、相手方は慰謝料請求には応じなかった。そこで訴訟により請求することとした。
相手方は、「婚約していない」、「婚約破棄には正当な理由がある」等の主張をした上、依頼者を誹謗中傷するような主張を繰り返した。判決でもよかったが、すみやかな解決が依頼者の利益であると考え、依頼者もそのほうがよいと考えたため、和解をすることとなった。

結果

慰謝料額は約60万円となり、訴訟提起段階の希望額よりは下がったものの、和解の話合いに移ってからは相手方も誹謗中傷をやめ、当所相手方が和解金額として提案していた金額より増額させた。最終的には相手方が和解期日に現金を持参して即日支払い、速やかに解決することができた。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー