不貞を認めない相手方から慰謝料として100万円を獲得した事例

不貞慰謝料請求

離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求
手続きの種類 裁判
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:拒否
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:100万円

事案概要

本件は、ご依頼者様の配偶者が不貞行為を行い、その不貞相手に対し、不貞慰謝料請求を行った事案である。

弁護士方針・弁護士対応

交渉段階から相手方は終始不貞行為を否定していた。その傾向は訴訟段階でも変わらなかった。しかし、担当弁護士が適切な反論と共に証拠を提出したため、次第に相手方も金銭の支払いに応じるようになった。

結果

慰謝料名目で100万円を支払う内容の訴訟上の和解が成立した。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー