夫と不貞相手を別れさせ、不貞相手に慰謝料を請求した事例

離婚交渉、不貞慰謝料請求

状況 離婚したくない
離婚の争点 慰謝料の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    配偶者が不貞行為をして、依頼者に対して離婚請求をしてきている。
  • 【依頼後・終了時】
    配偶者は離婚を諦め、不貞相手と依頼者の配偶者は別れた。

事案概要

依頼者は妻であり、依頼者の夫が依頼者に対して離婚を請求してきた。しかし、夫は隠れて他の女性と交際していた。依頼者からは、夫からの離婚請求を拒絶すること、夫の不貞相手に対して慰謝料請求をして欲しいこと及び不倫関係を解消して欲しいという話であった。

弁護士方針・弁護士対応

夫からの離婚請求については、とりあえず無視をして、不貞相手に対して慰謝料請求及び接触禁止を求めて交渉を開始した。不貞相手との関係が切れれば夫は離婚請求をしてこないだろうという考えのもとに。不貞相手からは、自分が被害者である旨の強い反発があった。

結果

不貞相手との交渉の結果、慰謝料と接触禁止の合意をすることができた。慰謝料については、一部共同不法行為ということで減額となった。不貞相手と夫との関係は終了して、その後、夫から依頼者に対する離婚請求は止まった。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー