慰謝料の減額・分割払いに合意が得られ、早期に離婚成立した事例

慰謝料減額交渉及び離婚の成立

状況 離婚
離婚の原因 有責配偶者
離婚の争点 慰謝料の減額
手続きの種類 調停
担当事務所 大阪法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:300万円(一括で支払い)
  • 【依頼後・終了時】
    解決金:150万円(分割での支払い)

事案概要

本件は、当方依頼者が不貞行為があったことを認めるような発言を行ったため不貞の疑いをかけられ、離婚及び慰謝料300万円を請求されていました。早期の離婚及び慰謝料の減額を希望されて、当方依頼者から依頼を受けました。

弁護士方針・弁護士対応

本件は、以下のような問題点がありました。
・相手方から慰謝料300万円の一括払いを請求されていたが、資力上一括払いを行うことはできなかったこと
・離婚成立時まで婚姻費用を支払い続けなければならないため早期解決を要すること

相手方は離婚が成立しない限り婚姻費用の支払いを受けられるため、慰謝料額の減額に対して、頑なに拒否を続け、交渉では決着がつきませんでした。
そこで、弊所担当弁護士は調停に移行し、調停と平行しつつ水面下で相手方代理人と交渉を行い、法的な主張のみならず、相手方との気持ちの面での関係改善に努めました。

結果

調停結果として、
・当方が相手方に解決金(財産分与も含む)として150万円を分割で支払うこと
・養育費を月額5万円を支払うこと
等の内容で合意に至りました。

不貞に関する決定的な証拠がないことに加え、本件依頼者の資力の問題等から依頼者の希望する慰謝料減額、分割での支払いに成功し、早期離婚に至ることができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー