慰謝料請求額を半分にした上で、早期に離婚成立した事例

離婚及び離婚慰謝料(されている側)

離婚の原因 不倫・浮気 有責配偶者
離婚の争点 財産分与
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    依頼者及びその不倫相手方が、妻である相手方からそれぞれ300万円を請求されている
  • 【依頼後・終了時】
    依頼者が200万円、依頼者の不倫相手が100万円を支払うことで決着

事案概要

依頼者は、相手方である妻と20年前に結婚した。その後、他の女性との交際をスタートさせたが、そのことが妻に発覚した。相手方である妻が夫に対しては離婚と慰謝料請求を求め、浮気相手である女性に対しても慰謝料請求をしてきた。慰謝料請求の金額は、夫に対して300万円、浮気相手である女性に対して300万円であった。そこで、依頼者は当事務所に相談に訪れた。

弁護士方針・弁護士対応

合計600万円の慰謝料は高額に過ぎるということで、慰謝料の減額交渉を行った。浮気相手である女性からも事件を受任した。相手方の言い分としては、慰謝料を支払わない場合は、離婚には応じないというものであったが、当方としても、そこまで離婚を急いでいたわけではなかったので、それでしたら継続して婚姻費用を支払っていきますということで、突き放した。

結果

最終的には、慰謝料として夫が200万円、不倫相手が100万円を相手方に支払うということで、相手方も納得して離婚の合意が成立した。その他財産分与としても一定額を支払った。依頼者は有責配偶者であったが、早期に離婚が成立した案件であった。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー