有責配偶者を疑われながらも早期に和解離婚できたケース

離婚裁判

状況 離婚
離婚の原因 有責配偶者
手続きの種類 裁判
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    相手方離婚拒否
  • 【依頼後・終了時】
    和解離婚成立

事案概要

依頼者は夫で、相手方は妻で、両名の間には乳幼児の子がいました。相手方が子を連れて自宅を出る形で別居したところ、依頼者としては別居状態であれば夫婦を続ける意味がないとして相手方との離婚を希望しました。一旦離婚調停を起こしましたが、相手方が依頼者が不貞行為を行っており、有責配偶者であるとして離婚に応じず、不成立となりました。この度、離婚裁判で決着をつけたいとの依頼者の希望で、ご依頼をいただき、訴訟対応を行うことになりました。

弁護士方針・弁護士対応

当初、相手方から依頼者の不貞疑惑を証拠を踏まえて主張され、また、離婚にも断固応じないとのことで、普通に戦っていては離婚できない可能性がありました。そこで、訴訟の早い段階で金銭的な解決方法を目指すことにスイッチして、ある程度金額を積んだ上での和解案を早期に提示し、条件交渉にもっていくことにしました。

結果

裁判官としても和解での解決を勧めていたことから、これに乗じて和解での話を進めていきました。最終的には、当方の和解案に対し、相手方が対案を出してきたことから、その案で和解に応じることにし、早期に和解離婚するに至りました。有責配偶者を疑われるケースでは、離婚自体が認められない可能性があるため、高度なテクニックが必要となります。弊所では離婚事件を多数扱っており、有責配偶者の事例のような所謂難事件へのノウハウも蓄積されていますので、是非一度御相談されることをお勧めします。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー