子を取り返した上で早期離婚できたケース

離婚交渉

状況 離婚
離婚の争点 子の引き渡し
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    子は相手方監護、離婚は条件次第
  • 【依頼後・終了時】
    子は依頼者監護+多額の解決金+高額の養育費

事案概要

依頼者は妻で、相手方は夫でした。両名の間には2人のお子さんがいました。今回、依頼者が夫からDVの被害を受けたため単身で別居したために、子の引渡しと夫との早期の離婚を望んでおられました。なお、依頼者の強い希望もあり、裁判手続きを利用せずに、一旦交渉の形で受任に至りました。

弁護士方針・弁護士対応

当初お子さん方を相手方が監護しており、頑なに子を引き渡さない状態が続きましたが、これまで相手方に子の監護経験がほとんどなく、お子さん方も急に主たる監護者である依頼者と離れたことで不安で泣いてしまうといった状況に至ったため、相手方が任意に子を依頼者に引き渡しました。もっとも、それでも相手方は親権に固執し、離婚をも渋る態度を見せたことから、離婚協議は難航しました。

結果

結果としては、相手方が改心し、お子さんの親権者を依頼者と指定し、離婚することで同意したため、無事お子さんの親権を取得したうえで早期に離婚することができました。その上で、多額の慰謝料と解決金、高額の養育費も取得するに至り、結果的には依頼者にかなりよい条件で離婚することができました。本ケースは、運が重なったこともあり、依頼者にかなり有利な条件で離婚することができましたが、運を味方につけるのもやはり弁護士のテクニックの一つです。離婚で悩まれている方はぜひ一度弁護士に相談されることをおススメします。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー