弁護士法人ALG&Associates 離婚相談弁護士 離婚相談弁護士

DV被害に遭っていた依頼者が、裁判の結果、解決金450万円の支払いを受け、離婚成立となった事例

離婚裁判(財産分与・慰謝料請求)

状況 離婚
離婚の原因 DV
離婚の争点 財産分与
手続きの種類 裁判
担当事務所 東京オフィス

事件概要

依頼者は、同居していた相手方から複数回にわたり暴力を振るわれていました。DV被害に耐えかねた依頼者は、別居を開始し、離婚を望まれたため、弊所にご依頼くださいました。

弁護士方針・弁護士対応

まず、弊所の担当弁護士は、相手方に対して交渉を試みました。しかし、主に金銭面で折合いがつかず、相手方は当方の提案をすべて拒否する姿勢であったため、次の段階として離婚訴訟を提起するに至りました。裁判における主な争点は、暴力の事実の有無、財産分与、慰謝料でした。

結果

 間接事実の積み重ねによって、裁判官としても暴力の事実はあったとの心証を持つに至り、財産分与や慰謝料の名目を問わず、「解決金」として450万円はどうかという和解案の提示を受けました。これに対し双方が同意し、和解において離婚が成立となりました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他