弁護士の介入によって交渉が円滑に進み、早期に協議離婚が成立した事例

協議離婚、親権、養育費の請求及び公正証書の作成

状況 離婚 離婚したい
離婚の原因 モラハラ
離婚の争点 親権 養育費
手続きの種類 交渉
担当事務所 福岡支部

事件概要

依頼者は、夫である相手方からのモラルハラスメントに耐えかね、離婚を決意しました。夫婦の間には2人の子供がいるため、依頼者は、親権の獲得と養育費の請求をすること、合意内容を公正証書化したうえで、協議離婚することを希望していました。

弁護士方針・弁護士対応

本件は、養育費の金額のみが実質的な対立点だったため、当方は、交渉段階で柔軟な姿勢を見せ、早期の解決を目指しました。

結果

結果として、養育費は月額合計5万円として合意し、公正証書を作成したうえで協議離婚が成立しました。

当方の受任後、相手方にも代理人が就任し、代理人同士で交渉を行うことができたため、早期の解決に至りました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他