離婚を拒否するモラハラ夫から財産分与400万円と親権、相当額の養育費を獲得し離婚を成立させた事例

離婚したい、財産分与と養育費が欲しい

状況 離婚 離婚したい
離婚の原因 DV・モラハラ モラハラ 性格の不一致
離婚の争点 婚姻費用 婚姻費用の請求 財産分与 住宅ローン
手続きの種類 調停
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】 とくに指定なし
  • 【依頼後・終了時】財産分与約400万円

事案概要

夫のモラハラにより、長年、苦しめられてきた。我慢の限界になり、長男を連れて別居。

離婚を求めたが、相手方は離婚に頑として応じず。相手方はおそらく、モラハラの自覚がほとんどないのが問題。

弁護士方針・弁護士対応

交渉を早期に切り上げて調停に移行した。

相手方が「離婚しない」と頑として譲らなかったが、婚姻費用の負担が大きいと悟ったことや、当方が面会交流について柔軟な態度を示したのをきっかけに、相手方が離婚の方向に変更した。

預貯金は大きなものはなかったが、長期の婚姻期間中に不動産の住宅ローンを相当返済していたため、売却すると利益が見込めた。そこで、不動産の売却にはこだわり、財産分与としてまとまった利益が得られるように進めた。

結果

親権獲得、相当額の養育費と財産分与として約400万円(一括払い)を得て、離婚。

早期に交渉を切り上げて調停に移ったことと、婚姻費用分担調停を同時に申し立てたことで、結果的に、相手方が離婚の方向に気持ちを向けやすくなり、離婚の結論を得ることができた。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他