不貞していたDV夫が離婚を拒否していたが、早期の離婚を成立させた事例

一定額の慰謝料をもらう形での離婚

状況 離婚 離婚したい
離婚の原因 不倫・浮気 DV・モラハラ DV うつ
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求 財産分与
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】 慰謝料:300万円
  • 【依頼後・終了時】慰謝料:150万円

事案概要

本件は、相手方が、不貞を行い、かつ、依頼者へのDVも行っていました。DVについては、警察への通報する事態に発展しました。その結果、依頼者が自主的に相手方から逃れるため依頼者の実家へ避難し別居を開始しました。依頼者は、相談時、相手方からの度重なる電話に憔悴しきった状態で弊所にご相談のうえ、ご依頼くださいました。

弁護士方針・弁護士対応

本件は、相手方が不貞の事実を認め、相手方に弁護士が就いたものの、以下のような争点・懸念点がありました。

  • ・相手方が依頼者に未練があり、離婚自体を争っていたこと
  • ・相手方が当方介入後も依頼者へ連絡を取ろうとしていたこと
  • ・慰謝料の金額も具体的な主張がないものの減額を要求してきたこと

そこで、弊社担当弁護士が、相手方が有責配偶者であること、復縁があり得ないこと、慰謝料の支払いがなければ調停や訴訟を行う他ないことを、書面や電話で説得的に主張しました。

結果

交渉の結果として、慰謝料150万円の一括払で合意に至りました。

おそらく、訴訟まで持っていけば、慰謝料の金額が増額できた可能性がありました。

しかし、依頼者が、離婚できない状態の長期化を嫌い、早期の解決を切望したため、150万円で合意した次第です。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他