単身赴任中の相手方と交渉し、協議離婚が成立した事例

依頼者および子供が経済的に充実した状態での離婚

状況 離婚 離婚したくない
離婚の原因 DV・モラハラ モラハラ DV
離婚の争点 慰謝料 財産分与 養育費 面会交流
手続きの種類 交渉
担当事務所 姫路法律事務所
結果
  • 【養育費】
    毎月10万円
    子供が大学等へ進学した場合には、大学等を卒業するまで
  • 【財産分与】
    450万円及び家具家電
    自動車の獲得

事案概要

依頼者は、夫との同居中に暴力・モラハラ等を受け、夫が単身赴任となってからも態度が変わらなかったことから遂に耐え切れなくなり、弁護士を通じて夫と離婚協議を行ったという事案です。

弁護士方針・弁護士対応

当方と相手方の間で、婚姻中に発生した事実やその評価についての認識に大きな乖離があり、相手方は自身の有責性を認めず、また依頼者の有責性を主張してきました。相手方には当初離婚の意思が無く、交渉は難航しましたが、下記の面会交流のことも含めて話合いを重ねました。
単身赴任中の相手方は長期間に渡り子どもと会えておらず、仮に依頼者を親権者として離婚となった場合に子どもと会えないのではないかということが離婚に際しての大きな懸案事項となっていたところ、離婚協議中からテレビ電話による面会交流や一時帰宅時の面会交流について調整の上実施し、離婚後も子どもと面会できることを説明しました。

結果

・離婚成立
・依頼者が親権者となる。相手方と子どもは月1回程度の面会交流を行う。相手方は養育費を子どもが18歳になるまで(大学へ進学した場合には、大学等を卒業するまで)支払う
・財産分与として、450万円及び家具家電,自動車を当方が獲得する
等の内容で合意に至りました。
離婚の成否とともに、離婚後の生活を見据えたときにできるだけ多くの財産分与を受けることが依頼者にとって非常に重要であったところ、粘り強い交渉により、相当額の財産分与を受けることができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー