幼児を抱えて将来に不安がある妻が、夫に養育費を請求する旨の公正証書を作成し、協議離婚した事例

公正証書の作成

状況 離婚 離婚したい
離婚の原因 DV・モラハラ モラハラ
離婚の争点 親権 養育費 養育費の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 福岡法律事務所

事案概要

夫からの心ない言動に耐えかねた妻が、幼児の親権者となること及び養育費を請求することを前提として、離婚を希望したものの、夫との交渉については不安を抱えていたため、弁護士に離婚交渉を依頼しました。

弁護士方針・弁護士対応

夫婦間の話合いで、離婚については合意しており、親権についても争いはなかったため、養育費の具体的な条件に関する交渉が、主な問題となる事案でした。

子が幼児であり、将来において養育費の支払が滞りかねない危険性があるため、公正証書を作成しておくことにより、強制執行のための準備をしておく必要があると考えられました。

結果

当初、養育費の月額について争われましたが、弁護士の粘り強い交渉の結果、養育費についても合意に達したので、公正証書を作成しました。

そして、妻は、速やかに離婚届を提出しました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー