無断で離婚届けを出したことに対する慰謝料請求をして慰謝料を獲得した事例

慰謝料の請求

状況 離婚
離婚の原因 別居
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求 その他
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】
    離婚無効
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料獲得

事案概要

本件は、長期間妻と別居中の夫が、妻に無断で離婚届を提出され、離婚したことになってしまっているので、離婚の無効を主張したいということでご相談いただきました。

弁護士方針・弁護士対応

離婚の無効を主張するには、無効確認訴訟を提起する必要があるが、無効になったとしても、結局は妻が離婚訴訟を行えば、別居期間の長さから離婚が認められることが予想されたため、方針を変え、無断で離婚届けを出されたことに対する慰謝料を請求することにしました。

結果

交渉の末、慰謝料150万円の獲得に成功しました。

方針を離婚無効のままで貫いていたら、依頼者には時間的にも金銭的にも大きな負担になった上、依頼者の希望する結果にはならなかったため、良い方針転換ができた事例でした。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当した事務所
その他