1000万円以上の支払いを受けて離婚できた事例

夫婦関係調整(交渉)

状況 離婚 離婚したい
離婚の原因 DV・モラハラ モラハラ
離婚の争点 財産分与
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    相手方が離婚拒否
  • 【依頼後・終了時】
    1000万円以上の支払いを受けて離婚

事案概要

相談者は妻、相手方は夫で、双方の間に子はいませんでした。相談者は長年にわたり、夫からモラハラを受けて続けており、これ以上は婚姻生活を維持できないとして離婚を希望しておられました。なお、相談時においては、まだ相談者は夫と同居中であり、まずは別居が先決で、その後、離婚交渉を行うというスケジュールになりました。
裁判所の手続は避けたいとい相談者の意向もあり、取り敢えずは相手方と代理人との間で離婚交渉を行うことで依頼に至りました。もっとも、相手方は当初離婚を拒否しており、協議が難航するかと思われましたが、代理人を立てたことにより離婚については争いがなくなりました。

弁護士方針・弁護士対応

まず先決事項としては別居でした。別居については、相手方の意向もあり、代理人が立ち合う形で荷物の搬出作業等を行いました。
そして、荷物搬出が完了し、別居が成立したところで、本格的に離婚交渉を行うことになりました。相手方も代理人を立てたことから、代理人間の交渉となりましたが、一番の争点は共有名義のマンションであり、この処理をどうするかを相手方代理人と協議しました。ローンも共有であったことから、具体的な分与額に双方で主張が折り合わず、交渉は難航しました。

結果

双方代理人で協議し、共有名義のマンションは、相手方が取得し、相談者が代償金を取得するという方向性になりました。
ただ、その代償金の額で争いが多少ありましたが、相談者が早期離婚を望んでいたことから、ある程度当方が譲歩する形で相手方の希望を受け入れることになりました。
ただ、代償金の金額としては、1000万円以上となり、ある程度高額の金銭を受けとれる算段となりました。早期離婚及びある程度高額な金額を取得できたことから、相談者の方も大変喜んでおられました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー