不貞慰謝料請求で150万円以上獲得した事例

不貞慰謝料交渉

状況 離婚
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】
    不貞慰謝料:300万円以上
  • 【依頼後・終了時】
    不貞慰謝料:150万円以上

事案概要

相談者は妻、相手方は夫の不貞相手でした。今回、夫の不貞が相談者に発覚したことから、その不貞相手に慰謝料を請求したいとの相談でした。もっとも、相手方が若年で資力もない可能性があったことからその回収可能性についても懸念が残る事案でした。
相談者としては、300万円を請求したいとの希望でしたので、いかにしてなるべく高めの慰謝料を取れるかということがポイントでした。相談者夫とは同居中で、婚姻関係の継続を希望しておられましたので、金額としては低額になるリスクをご承知おきの上で、依頼に至りました。

弁護士方針・弁護士対応

上記のような条件の下、いかにして相場よりも高めの金額がとれるかについて検討しました。
その結果、相手方と実際にお話をして、粘り強く交渉するしかないとの結論にいたりました。
まず、いきなり書面を送るのではなく、御電話をして丁寧に事情を説明し、敵対関係ではなく、あくまで双方が問題解決に向け努力をすることで共通認識をもっていただきました。あくまで双方の利益に着目してそれに向かって解決を目指す、いわゆる原則立脚型の交渉です。そして、相手方の目指すところとしては、早期解決及び裁判によるレピュテーションリスクの回避でした。そこで、相手方の利益に沿うにはある程度相場よりも高めの慰謝料支払いの必要となることを説明し、双方の利益が一致しました。

結果

双方で協議した結果、慰謝料の総額について相場よりも高い150万円以上として、その支払方法は分割にするということで合意にいたりました。分割での支払いはになりましたが、総額として相場よりも高めとなったため、相談者も大変満足しておられました。
本来、交渉とは、双方の主張合戦ではなく、あくまで双方が感情を抜きにして目前の問題に着目し、ひとつのゴールに向かって解決を目指していく紛争解決方法です。従来型の交渉では、駆け引き型が主流ではありましたが、主張がぶつかり合い平行線のままで埒が明かず、奏功しないケースが多かったと思います。
本ケースは従来の駆け引き型の交渉を度返しし、あくまで双方で協力して解決を目指す原則立脚型の交渉術によって紛争を解決した事例として、今後の参考になると考えています。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー