婚約破棄で200万円以上獲得した事例

婚約破棄を原因とする慰謝料請求(交渉)

状況 離婚
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求 その他 婚約破棄
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】
    慰謝料:400万円以上
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:200万円以上

事案概要

相談者は女性、相手方は男性で、この度相談者が相手方から婚約破棄をされたということでご相談いただきました。相談者は数年前に相手方と婚約し、既に挙式まで済ませていました。
しかしながら、婚約期間中、相手方が女性と不貞行為に至り、それが相談者に発覚し、相手方の一方的な意向により、婚約破棄されてしましました。
相談者としては、挙式済みでかつ結婚生活に向けて様々な準備を行っていたさなか相手方の不貞行為により婚約が破棄され、精神的にも不安定となっていたことから、相手方に対して慰謝料を請求したいということでご依頼をいただきました。

弁護士方針・弁護士対応

相談者の希望としては、相手方の不貞行為によって婚約破棄に至っていること、また挙式済みで結婚の準備に費用もそれなりかかっていることから、できる限り高額の慰謝料を取ってほしいとのことでした。
そこで、相手方本人との交渉を試みました。そうしたところ、相手方が不貞行為の事実及び正当な理由のない婚約破棄については争わないということになり、争点は慰謝料及び結婚準備までにかかった実費分の損害のみが争点となりました。
当方としては、挙式済みでかつ不貞行為が原因とした婚約破棄の裁判例をあげ、慰謝料含めて少なくとも400万円以上の損害があるとして、同額相当額を相手方に請求しました。
そうしたところ、相手方としては、一旦は拒否したものの、やはりこちらが提示した裁判例に準ずるほかないとの結論となりました。もっとも、相手方が若年かつ資力の問題があったことから、金額の調整に難航しました。

結果

相手方の慰謝料の原資の工面に時間がかかったことから、合意までに相当の時間がかかりました。
しかしながら、当方からの説得もあり,慰謝料及び実損を含めた金額として、200万円以上の金額かつ一括払いで合意にいたりました。
依頼者においては、相談時に婚約破棄の事例では高額の慰謝料は取りにくいとのリスク説明をしていたことから、最終的には想定以上の金額が取得できたということで、大変満足されていました。
婚約破棄の事例は慰謝料の金額も低額になる傾向にありますが、裁判例を調査し、相手方に仮に訴訟となった場合にこの程度の金額になる可能性があることをきちんと納得いただければ、ケースにもよりますがそれなりの金額も獲得できる可能性もありますので、婚約破棄だからといってあまり泣き寝入りしないほうがよいと感じました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー