婚約破棄の慰謝料として150万円の一括払いという結果を獲得した事例

婚約破棄の慰謝料請求

離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求 婚約破棄
手続きの種類 交渉
担当事務所 神戸法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】
    初回請求額:300万円
  • 【依頼後・終了時】
    終了時:150万円(一括払い)

事案概要

ご依頼者様は、結婚相談所に登録していたところ、相手方と出会い、やがて交際を開始しました。

交際は順調に進み、相手方からプロポーズを受けてご依頼者様は、両家顔合わせ、結婚指輪の購入、式場の予約など相手方との結婚の準備を進めておりました。

しかし、相手方は、相手方の親が突然結婚に反対し、それを踏まえて、ご依頼者様との結婚を止めたいと言い出して、ご依頼者様との婚約を破棄をしました。

ご依頼者様は、結婚式場のキャンセルなど相手方との関係清算をご自身で進めておられましたが、慰謝料については相手方と直接話すことができず、婚約破棄により精神的にも参っておられたために、弁護士の介入の必要性を感じて弊所に相談されました。

弁護士方針・弁護士対応

神戸法律事務所の弁護士は、まず、婚約の成立の証拠がどこまであるかを確認し、相手方からのプロポーズ、両家顔合わせ、結婚指輪の購入、結婚式場の予約など、具体的な結婚の準備を進めていたことから、婚約は問題なく成立していると考えて、それを相手方が一方的に破棄したものとして、慰謝料請求を直ちに進めるべきと判断しました。

弁護士は、ご依頼者様が結婚相談所に登録して、そこから相手方と交際し、プロポーズを受けたのち、具体的な結婚の準備も進んでいく中で結婚への強い期待を抱いていたこと、それを相手方が十分な説明もせずに婚約破棄したこと、破棄の理由もご依頼者様に帰責性のない正当な理由でなかったことなどを書面に盛り込み、相手方に内容証明郵便を送付しました。

その後、相手方は、弁護士に依頼したため、弁護士同士で交渉になりましたが、弁護士から相手方弁護士に事案の概要を踏まえて慰謝料の支払い義務が認められることを説得していきました。

結果

当初から、相手方側は相手方の責任を認める対応であり、一括で100万円の支払いが相当などという回答でしたが、そこで弁護士が諦めずに交渉した結果、慰謝料として150万円を一括で払うという結果を獲得することができました。

ご依頼者様としては、担当弁護士が内容証明の文案の段階から、ご依頼者様の置かれた状況、甚大な精神的ダメージを受けたことなどをしっかり盛り込まれていたことで安心して担当弁護士に任せることができ、その後、ご自身が想定されていたよりも多くの慰謝料を獲得できたことで、大変満足いただける結果となりました。

相手方から婚約破棄の慰謝料額として一括で150万円を回収するというのは多くなく、それを交渉段階で獲得したという担当弁護士の頑張りが光る事案でした。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー