将来支払われる退職金を財産分与して離婚した事例

財産分与として410万円を回収

状況 離婚
離婚の原因 不倫・浮気 DV
離婚の争点 慰謝料の請求 婚姻費用未払い 財産分与 年金分割
手続きの種類 調停 交渉
担当事務所 大阪法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】
    財産分与、未払い婚姻費用等すべて含めて400万円
  • 【依頼後・終了時】
    未払い婚費158万円、財産分与410万円、年金分割

事案概要

相手方が女性に金銭を送金したことをきっかけに別居していました。
別居に至るまでも、結婚後から度重なる相手方からのDVがあり、未払い婚姻費用及び財産分与に関する交渉で受任するも、交渉決裂となり、その後、調停申立てしました。

弁護士方針・弁護士対応

交渉段階で相手方が話には応じるが、財産分与等の具体的な話になると嘘をついたりはぐらかしたりを繰りかえし、一向に話が進みませんでした。
依頼者は東京にいる相手方に対して調停まではしたくないと言っていたが、これ以上時間をかけても、話が前に進まない状況であったので、説得して調停を申し立てました。財産分与において、対象となる財産は相手方退職金を除いてほとんど存在しなかったが、相手方は将来支払われるであろう退職金を分与することを拒否していたが、粘り強く交渉し、退職金を財産分与の対象とすることに同意させました。
また、相手方から相手方特有財産を申立人(依頼者)が費消したと主張していたが、当時相手方が財産を使っていいと了承していたことを示して相手方と主張は封じ込めました。

結果

未払い婚姻費用158万円回収(保険契約(解約返戻見込金)と相殺)しました。
財産分与として410万円回収(3年弱の分割払い)しました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー