離婚を拒むモラハラ夫との離婚を成立させた事例

離婚、財産分与、婚姻費用

状況 離婚
離婚の原因 DV・モラハラ モラハラ DV 性格の不一致
離婚の争点 婚姻費用 婚姻費用の請求 財産分与
手続きの種類 調停
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    財産分与、慰謝料として約1500万円希望
    婚姻費用は月10万円支払われていた。
  • 【依頼後・終了時】
    財産分与として約1100万円
    婚姻費用として月約15万円

事案概要

依頼者(妻)は結婚30年くらい、子どもは皆成人している。結婚中、長年、夫のモラルハラスメント的な言動、暴力等に悩まされ、依頼者自身が体調を崩して難病にかかってしまうほどであった。ずっと前から離婚したい気持ちはあったものの、子どもたちのために離婚を我慢し、子どもたちを育て上げた。しかしながら、夫の言動については子どもたちも我慢ならないところがあり、子どもたちが「家を出る」と言ったのをきっかけに、子どもたちが依頼者も一緒に連れて出ることになった。

弁護士方針・弁護士対応

弁護士は、夫と少し話したものの、話合いでの解決は難しいと判断し、すぐに離婚調停を申し立てた。また、それとともに婚姻費用分担請求調停も申し立てた。夫は離婚したくないという気持ちが強く、離婚に踏み切るのに時間がかかりそうだったので、先に婚姻費用を決めることとした。

結果

婚姻費用は月約15万円と決まった。このことが夫に、「離婚しないと婚姻費用がかさんでいく」という気持ちにさせたようで、条件次第では離婚でいい、というふうに夫の気持ちが傾いてきた。財産分与のうち主なものは、自宅不動産(マンション)であり、ある程度ローン返済してきていたため、売却益が出る見込であった。財産関係については不動産の評価や退職金の評価、特有財産の評価が難しかったものの、訴訟に行ったとしたら確保できる分は確保するということを重視し、財産分与として約1100万円の支払いを受けることとし、離婚成立となった。納得のいく金銭支払いを受け、離婚により長年の苦しみから逃れられて、依頼者はとても喜んでいた。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー