モラハラ配偶者と1か月以内に協議離婚できた例

離婚請求

状況 離婚
離婚の原因 モラハラ
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所

事案概要

ご依頼者様は、相手方との価値観の不一致やモラハラに耐え兼ね別居を開始した後、当事務所へご相談に来られご依頼いただきました。

弁護士方針・弁護士対応

法定の離婚原因がなく、相手方も離婚後の金銭的給付が無ければ離婚しないと攻撃的であったので、担当弁護士から相手方に連絡し、金銭的給付をする理由がなく応じられないと毅然とした対応をし、不当な請求を続けるのであれば離婚調停を申し立てる旨説明した。

結果

相手方は態度を軟化させ、金銭的給付の要求を取り下げた。その後、ご依頼いただいてから1か月以内に協議離婚が成立し、早期解決することができた。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー