金銭面で両者の調整を行い、早期に離婚成立した事例

離婚慰謝料請求など

状況 離婚
離婚の原因 不倫・浮気 DV
離婚の争点 慰謝料の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 姫路法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:0円
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:235万円(ただし、一部の慰謝料については、請求権の行使を留保)

事案概要

依頼者は、とにかく早期に離婚したいということが第一の希望でした。ただし、相手方とは、殆ど連絡がとれない状況で交渉で解決するのが困難な状況となっていました。なお、依頼者は、別居後、諸事情により、生活保護を受給していたため、相手方から慰謝料を獲得することについては重視しておりませんでした。

弁護士方針・弁護士対応

相手方が交渉に全く応じなかった理由としては、金銭面に余裕がないことでした。また、相手方が子どもの親権者となるため、子どもの生活のために高額な慰謝料は支払えないと断言しており、連絡が殆ど取れない状況となっていました。他方で、依頼者は、早期離婚が強い希望であり、金銭面については重きをおいていませんでした。そこで、不貞(離婚慰謝料)については、相手方が将来養育費を申立てない限り、慰謝料(200万円)請求権を行使しないという条件をつけ、早期に協議離婚を成立させることを目指しました。

結果

多くのケースの場合、相手方から経済的な利益を多く確保することを望まれますが、金銭面に重きを置いていないケースもあります。本件においては、相手方との関係を今後一切断ち切りたいということが依頼者の第一の希望であり、金銭面は重視しておりませんでした。また、相手方は、多額の債務を抱えており、金銭的な賠償が困難な状況にありました。そこで、相手方が将来養育費を申立てない限り、慰謝料(200万円)請求権を行使しないという条件を提示することで、両者の調整を図り、早期離婚を成立させることができました。依頼者には大変満足していただき、依頼者の第1の希望を叶えるという意味で成功した解決事例となりました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー