財産分与として自宅を獲得、年金分割も適正に行われた事例

離婚

離婚の原因 モラハラ 性格の不一致
離婚の争点 財産分与
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    依頼者の希望としては、離婚したい。財産分与及び年金分割をしたいということであった。
  • 【依頼後・終了時】
    依頼者の希望通りの財産分与にて、離婚が成立した。

事案概要

依頼者と夫である相手方は、長期間別居をしていた。依頼者の希望としては、年金を受給できる年齢となったので、速やかに離婚したいこと、年金分割をして欲しい、財産分与としては自宅を分与の対象として、その他についてはお互い財産分与をしない、相手方に対して慰謝料を請求したいというものであった。

弁護士方針・弁護士対応

まずは、当方の主張を全て相手方に伝達して、交渉を開始したが、慰謝料は多めに300万円を請求した。財産分与としては、それぞれが各自の名義の財産を取得するという主張をしたが、相手方からは財産開示の依頼があったので、逆に、先方に退職金の残高等の分かる資料を求めた。

結果

相手方からは、慰謝料の支払いはしたくないが、その他の条件については全て当方の主張を受け入れるということで、離婚が成立し、年金分割も適正に行われ、自宅を財産分与として依頼者が取得し、その他の財産については各自が取得するということで解決した。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー