電話受付専任の受付職員がお話を伺います

0120-979-164
通話無料

24時間受付・年中無休

熟年離婚

専業主婦が熟年離婚を考えたときに知っておくべきこと

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
この記事の監修
弁護士 谷川 聖治
弁護士法人ALG&Associates 執行役員

長年(一般的には20年以上)連れ添った夫婦が離婚する「熟年離婚」という言葉を、誰しも一度は耳にしたことがあるでしょう。熟年離婚に至る原因・理由は、夫婦関係によって様々あります。なかでも、専業主婦(夫)の方においては、定年退職後、夫婦2人で一緒にいる時間が長くなったことで、ストレスを感じたり、それまで気づかなかった相手の嫌なところがみえてしまったりといったことが、熟年離婚に至る原因・理由として多く挙げられています。

しかし、専業主婦(夫)の方は、長年外で働いてこなかったことから、離婚後の生活に経済的な不安を感じることもあるかと思います。そのため、特に専業主婦(夫)の方が熟年離婚する場合には、離婚したことを後悔してしまわないように、離婚前にしっかりと準備することが重要です。

本記事では、専業主婦(夫)の方が熟年離婚するケースに焦点を当て、解説していきます。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談受付来所相談30分無料

お電話でのご相談受付
24時間受付・年中無休・通話無料
メールでのご相談受付

熟年離婚する前に専業主婦(夫)がする準備

まず、専業主婦(夫)の方が熟年離婚することを決意した場合、離婚したことを後悔してしまわないように、離婚する前にどのような準備を行っておいた方が良いのか、確認してみましょう。

離婚後の生活費について考える

熟年離婚後、生活していくうえでどのくらいのお金が必要になるのかを、離婚する前にある程度試算しておいた方が良いでしょう。

離婚時には、財産分与の他、子の親権者になる場合は養育費、離婚の原因・理由によっては慰謝料を受け取ることができる可能性があります。しかし、これらのお金で離婚後の生活費を確保できないのであれば、就職し、収入を得る必要があります。したがって、離婚後、どのくらいの収入を得る必要があるのかを把握するために、離婚する前に、離婚後の生活費をある程度試算しておくことが重要です。

離婚後の就職に向けた準備

離婚時に相手から受け取れるお金だけで離婚後にかかる生活費を賄うのは、難しいことも多いかと思います。そのようなケースでは、離婚した後に就職し、収入を得ていかなければなりません。しかし、長い間専業主婦(夫)であった方の場合、年齢を重ねていることや経験不足といったことが原因となり、定職に就きづらいという事態に陥ることが考えられます。

そのため、離婚してからあわてて就職活動に奔走するよりも、離婚前に、就職に向けて面接を受け始めたり、パソコンのスキルアップを図ったり、就職するのに有利になるような資格を取得したり等の準備をしておいた方が良いといえます。

相手の財産を確認しておく

離婚する際、婚姻中に夫婦の協力により築いてきた財産(共有財産)は、財産分与して夫婦間で分け合います。一方が専業主婦(夫)であっても、夫(妻)の収入はお互いが協力し合ったからこそ得られたものであるので、財産分与を受けられます。

熟年離婚の場合、長きにわたる結婚生活を営んできたことから、財産分与が高額になるケースが多いです。したがって、適正な額の財産分与を受けられるよう、離婚する前に相手の財産をしっかり確認しておくべきです。

熟年離婚の財産分与についての詳しい内容は、下記の記事をご覧ください。

慰謝料を請求できるのか

慰謝料は、精神的苦痛に対して支払われるものです。離婚においては、一方に婚姻関係を破綻させた有責性がある場合には、慰謝料をもらえることがあります。

相手と話し合って同意を得られれば慰謝料をもらうことができますが、相手の同意を得ることができずに裁判所で手続を行う場合、熟年離婚に至った原因・理由によって、慰謝料請求を認めてもらえるかどうかは異なります。

熟年離婚する前に弁護士に相談して後悔しないようにしましょう

専業主婦(夫)の方が熟年離婚する場合、特に離婚後の経済的不安は大きいことでしょう。ご自身の今後の人生をより良いものにするために熟年離婚を決断したのですから、離婚したことを後悔してしまうという事態は避けてほしいものです。

そのため、離婚後の生活に困窮しないように、離婚後の生活費をある程度試算したり、離婚後の就職に向けて行動したり、相手の財産を確認したり、慰謝料を請求できるか確認したりといった、離婚する前の準備を行うことはとても重要です。

しかし、このような離婚前の準備には、専門的な知識を要します。判断を見誤って後に損してしまうことを防ぐためにも、まず弁護士に相談し、個別の事情に応じた適切な準備を行うことをお勧めします。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談受付来所相談30分無料

お電話でのご相談受付
24時間受付・年中無休・通話無料
メールでのご相談受付

専業主婦(夫)が熟年離婚するときの手続

専業主婦(夫)の方が熟年離婚するときの手続は、通常の離婚の場合と同様です。
熟年離婚の手続についての詳しい内容は、下記の記事をご覧ください。

専業主婦(夫)が熟年離婚するメリット・デメリット

メリット

専業主婦(夫)の方が熟年離婚するメリットとしては、下記のような事項があります。

  • 結婚生活で我慢していた不満やストレスから解放される(例:義両親の介護から解放される)
  • 相手のために家事を行う必要がなくなる
  • 社会復帰し、仕事はもちろん、趣味や恋愛等、新たに第二の人生を歩むことができる

デメリット

一方、専業主婦(夫)の方が熟年離婚するデメリットとしては、下記のような事項があります。

  • なかなか定職に就けないこと等で、結婚していた頃よりも生活が苦しくなる場合がある
  • 一人でいることに慣れず、孤独を感じて寂しくなる
  • 体調を崩しても支え合う人がいないため、健康面に不安を感じる

熟年離婚の年金分割

熟年離婚する場合には、年金分割という制度があり、婚姻期間中の厚生年金記録(※かつての共済年金の記録を含む)を夫婦間で分割することができます。

専業主婦(夫)の方は、多くの場合で第三号被保険者に該当しており、相手の合意または裁判手続を要さず、2分の1ずつ分割することができます(3号分割)。しかし、平成20年4月1日より前の厚生年金記録については、相手の合意または裁判手続が必要になります。

専業主婦(夫)の年金分割について、さらに詳しい内容を知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

専業主婦(夫)は夫(妻)の退職金をもらえるのか

婚姻期間中の夫(妻)の収入は、夫婦の協力があってこそ得られたものであるため、一方が専業主婦(夫)であったとしても財産分与の対象になるのと同様に、退職金も財産分与の対象になります。ただし、あくまで婚姻期間中に積み上げた分のみが対象であり、婚姻前や離婚後に積み上げた分については対象になりません。

したがって、専業主婦(夫)の方は、婚姻期間中に積み上げた分の夫(妻)の退職金を財産分与し、もらうことができます。
退職金の財産分与についての詳しい内容は、下記の記事をご覧ください。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談受付来所相談30分無料

お電話でのご相談受付
24時間受付・年中無休・通話無料
メールでのご相談受付

専業主婦(夫)が熟年離婚するときのQ&A

Q:

熟年離婚を考え別居した場合、本籍地は変えられますか?

A:

婚姻すると、配偶者と同じ戸籍に入ることになるため、夫婦が別々の本籍地(戸籍を置いている市区町村)になることはありません。したがって、熟年離婚していない別居の段階では、婚姻関係は解消されておらず、戸籍は配偶者と同じままであるため、本籍地を変えることはできません。

なお、戸籍と住民票は別物であり、本籍地と住民票上の住所地は必ずしも同じでなければならないというわけではないため、住民票を異動し、配偶者と異なる住所地に変えることはできます。

Q:

熟年離婚を前提とした別居の場合、婚姻費用はもらえますか?

A:

熟年離婚しておらず、別居の段階ならば、専業主婦(夫)の方は、婚姻費用をもらう権利を有しています。というのも、夫婦は、お互いの負担能力に応じ、夫婦と未成熟子(経済的に自立していない子)が各自同等レベルの生活を送るための費用(婚姻費用)を分担する義務を負うことが、法律で定められています。この義務は、離婚時までの期間を対象として負うものであり、別居期間も対象になります。

ただし、ご自身に原因があって別居しているという事情がある場合、裁判所の手続を利用して請求しても、認められないことがあります。

Q:

専業主婦(夫)が熟年離婚した場合、親権者はどちらになりますか?

専業主婦(夫)で熟年離婚したいなら1人で悩まず弁護士に相談しましょう

専業主婦(夫)の方が熟年離婚する場合、特に離婚後の経済的不安が気になることでしょう。熟年離婚したことを後悔してしまわないように、離婚する前にきちんと準備を行い、離婚後の経済的不安を払拭することが重要であるということは、これまでの説明でご理解いただけたかと思います。

しかし、離婚する前にどのような準備を行っておいた方が良いかは、個別の事情によって異なり、専門的な知識も要します。加えて、実際に離婚を進めようとしても、相手の同意が得られなければ、裁判所で手続を行う必要があり、離婚の手続においてもまた専門的な知識を要します。

熟年離婚を決意する段階で、すでに精神的な負担がかかっていることかと思います。そのうえ、離婚後に後悔してしまわないように、ご自身で離婚する前の準備を行い、離婚の手続を進めるというのは、困難を強いられるでしょう。

そこで、法律の専門家である弁護士に相談することで、離婚後の生活を見据えたうえで、適切に離婚する前の準備を行い、離婚の手続を進めるためのアドバイスを受けることができます。さらに、弁護士に依頼して、離婚前の準備に際して必要な手続や、離婚の手続を代わりに行ってもらうこともできます。専業主婦(夫)の方で熟年離婚したいと考えている場合は、まず弁護士に相談することをご検討いただければ幸いです。

離婚のご相談受付
お電話でのご相談受付来所相談30分無料
24時間受付・年中無休・通話無料
まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

事務所情報

お近くの事務所にご来所いただいての法律相談は30分無料です。お気軽にお問い合せください。

関連記事

弁護士法人ALGの離婚問題専用窓口来所相談30分無料