モラハラ夫と離婚したい場合に注意すること

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治

監修弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates 執行役員

「夫が帰ってくると緊張してしまう」「夫の顔色をうかがってビクビクする」といった方は、モラハラの被害を受けているのかもしれません。精神的に追い詰めるような態度・発言が毎日続けば、心のバランスを崩してしまうおそれがあります。モラハラ夫から逃れるために「離婚したい」と考えるのは、当然のことです。

本記事では、モラハラ夫と離婚したい方に向けて、知っておいてほしい内容をご紹介します。モラハラを理由に夫と離婚することはできるのかどうか、離婚するためには何に注意すべきなのか等、確認していきましょう。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談予約受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

お電話でのご相談受付

0120-979-164

24時間予約受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

モラハラ夫がすることが多い行為

モラハラ夫は、態度や言葉で妻を精神的に追い詰めます。モラハラ夫がする典型的な行為には、次のようなものがあります。

  • 「最低な妻だ」「妻(母親)としての自覚がない」といった否定的な言葉で見下す
  • 妻の考えや行動を否定する
  • 妻が家事をこなしているにもかかわらず、周囲に「家事をまったくしない」などと言いふらし、妻の評判を下げるような嘘をつく
  • 外出を許さない、着る服を指定する等、妻を異常に束縛する

モラハラにあたる行為はほかにもあります。下記の記事では、夫に限定せず、モラハラにあたる行為を紹介していますので、こちらもぜひ参考になさってください。

もし、夫が子供に行き過ぎた教育をしている場合は、子供に対する「モラハラ」に該当する可能性があります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

夫のモラハラを理由に離婚はできるのか

夫婦がお互いに“離婚しても良い”と合意できた場合、理由を問わずに離婚できます。そのため、夫のモラハラが理由でも離婚は可能です。

一方、合意できずに最終的に「離婚裁判」を行うことになった場合、離婚するかどうかは裁判所が決めます。裁判では、民法に定められた離婚理由に当てはまっていなければ、離婚は認められません。モラハラを理由に離婚が認められる可能性があるケースと、反対に認められない可能性があるケースについて、具体例を確認していきましょう。

離婚が認められる可能性があるケース

モラハラを理由に離婚が認められる可能性があるケースとしては、次のようなものがあります。法律上の離婚理由のうち、「その他婚姻を継続し難い重大な事由」または「悪意の遺棄」に当てはまると判断される可能性があるでしょう。

  • 継続的にモラハラをされ続けていることを証明できる
  • モラハラが原因で精神疾患(うつ病等)にかかったことを証明できる
  • 常識の範囲を外れて、異常に束縛されていることを証明できる
  • 生活費をもらえない

離婚が認められない可能性があるケース

モラハラを理由に離婚が認められない可能性があるケースとしては、次のような例が考えられます。例に挙げたケースだと、「夫のモラハラのせいで夫婦関係が破綻したとまではいえない」と判断され、離婚を認めない判決が下される可能性があります。

  • モラハラを証明するのに十分な証拠がない
  • モラハラの頻度が低い
  • モラハラの程度が軽い
  • 夫のモラハラ的言動に対して、自身もやり返している

証拠がないと離婚はできない?

モラハラの証拠がなくても、夫が「離婚しても良い」と同意してくれれば、離婚できます。

一方、夫の同意を得られずに裁判にまで発展したケースでは、証拠がないと離婚は難しいといえます。裁判では、離婚するかどうかを裁判所が決めますが、「モラハラの被害に遭っていた」という妻の主張だけでは、夫が認めない限り、モラハラがあったとは判断しにくいと考えられます。したがって、モラハラの事実を証明できなければ、モラハラを理由とした離婚は認められないでしょう。

モラハラの証拠として有効になり得るものについては、下記の記事でご紹介しています。ぜひこちらも併せてご覧ください。

モラハラ夫と離婚する場合の流れと注意点

モラハラ夫と離婚するには、次のような流れで進めていくのが一般的です。

  1. ①夫婦間の話し合いによって、「協議離婚」の成立を目指す
  2. ②①が難しい場合は「離婚調停」を行い、家庭裁判所の調停委員を間に挟んだ話し合いによって離婚成立を目指す
  3. ③②で調停不成立となった場合は「離婚裁判」を行い、裁判所に判断を求める

離婚に向けての一連の流れのなかでは、それぞれ以下のような注意点があります。

協議離婚の場合

モラハラをするような相手との話し合いは、おそらく難しいものとなるでしょう。

なぜなら、そもそも話し合いに応じない可能性があり、仮に応じたとしても「自分は悪くない」と非を認めなかったり、「むしろお前に原因がある、非を認めろ」などと妻を責めたりして、話し合いが進まないことが予想されるからです。

こうした事態を防ぐためには、弁護士等の第三者を介入させて交渉することをおすすめします。

協議離婚について、詳しくは下記の記事をご覧ください。

離婚調停の場合

夫婦間で話し合うのが難しい場合や、話し合っても意見がまとまらない場合には、協議離婚はあきらめ、離婚調停を行って離婚成立を目指します。離婚調停とは、家庭裁判所の調停委員を通して相手と話し合う手続きのことで、成立するには夫婦の合意が必要です。

ただ、モラハラ夫は外では良き夫を演じたり、自らの行動の問題性に自覚がなく、第三者である調停委員には自分の良い所ばかりを説明したり、これまでの生活に大きな問題はなかったと回答したりすることがあります。その結果、モラハラ夫のペースに持って行かれたら、離婚の話が思うように進まなくなってしまいます。

このような事態を防ぐためには、あらかじめ弁護士に相談・依頼をして、調停委員と話すときのポイントを押さえ、主張を裏付ける資料の準備等をしてから調停に臨むことが重要です。

なお、夫婦が離婚することや大体の離婚条件には合意しているものの、細かい条件について合意できないために調停が不成立となった場合等には、裁判官の判断によって「審判」の手続きに移ることもあります。ただし、審判離婚が成立するのはとても稀なケースです。

離婚調停と審判離婚について、それぞれの詳しい内容は下記の各記事をご覧ください。

さらに詳しく
離婚調停の準備と流れ

離婚裁判の場合

調停を行っても合意できずに調停不成立となってしまった場合、離婚裁判を行い、裁判所によって離婚するかどうかの最終的な判断が下されることになります。

裁判で離婚を成立させるには、民法に定められた離婚理由の一つである、「その他婚姻を継続し難い重大な事由」があるといえるかどうかが重要なポイントになってきます。この点について、裁判所は夫婦双方の主張内容や提出された証拠等、一連の事情を見て判断するため、夫から受けたモラハラ行為を具体的に主張して証明できるよう、しっかりと準備しておきましょう。

夫のモラハラを明らかにする客観的な証拠が必要になってきますが、モラハラは目に見えるような傷が残るわけではないため証明しにくく、証拠集めには工夫が求められます。

下記の記事では「モラハラの証拠」について詳しく解説していますので、証拠集めの際の参考として、ぜひご活用ください。

また、離婚裁判についての詳しい内容は、下記の記事をご覧ください。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談予約受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

お電話でのご相談受付

0120-979-164

24時間予約受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

離婚を切り出すコツ

離婚を切り出すタイミングは、夫婦がお互いに落ち着いており、冷静に話し合うことができる時が良いでしょう。口論をしている場面だと、夫が離婚に同意したとしても、後々、「売り言葉に買い言葉で出たもので、本気だと思わなかった」などと弁解されるおそれがあります。

実際に離婚を切り出す時には、夫から理由の説明を求められるでしょうから、あらかじめ理由の要点を整理しておくことをおすすめします。そして、感情に任せることなく具体的な事実を伝えるようにしましょう。ただし、夫を批判したり悪口を言ったりすると、話が脱線したり、後でこちらを非難する材料に使われたりすることがあるので、事実だけを伝えるようご注意ください。

夫が離婚に応じてくれない場合には、「調停や裁判もする覚悟だ」と強い態度を示し、離婚の意思が固いことを伝えましょう。

離婚交渉が難航する場合は別居も視野に

夫から長い間モラハラを受け続けていると、どんどん自尊心が失われていき、夫の理不尽な言葉が真実であるかのように思えてきます。このような状態では正常な判断ができなかったり、離婚を切り出してもうやむやにされたりするおそれがあり、離婚に向けての交渉は難しくなるでしょう。

まずは夫と別居し、正常な判断能力を取り戻してから交渉に臨むという手もあります。心の安定を得るためにも、夫のもとから離れて距離を置くことは大切です。

また、別居が長期間にわたることで、裁判所に「夫婦関係は破綻している」と判断され、離婚できる可能性もあります。離婚を実現するための一つの手段としても、別居を検討してみると良いでしょう。

どのくらい別居すれば離婚が認められる可能性があるのか、気になる方は下記の記事をご覧ください。

モラハラ夫と会わずに離婚することも可能

夫からモラハラを受けている方のなかには、面と向かって話すことに恐怖を覚える方もいらっしゃるでしょう。そのような場合は、「離婚調停」によって離婚の成立を目指すという方法があります。調停では、家庭裁判所の調停委員を通して話し合っていきますので、基本的に夫と会わずに済みます。さらに、事情を話せば、夫と鉢合わせてしまわないよう裁判所が配慮してくれるケースもあります。

また、弁護士に依頼して代理人となってもらえば、夫との交渉はもちろん、離婚調停・離婚裁判といった裁判所の手続きも任せることができます。そのため、モラハラ夫と会わずに離婚できる可能性もあります。

モラハラ離婚に関するQ&A

Q:

夫の度重なるモラハラにより、うつ病になりました。慰謝料を請求することは可能でしょうか?

Q:

夫から何度も暴言を吐かれていますが、たまに優しい時もあります。この程度ではモラハラとはいえないのでしょうか?

A:

モラハラといえる可能性があります。

モラハラには、次のような3つのサイクルがあるといわれています。

  • ①緊張期:些細なことで苛立ち、家庭内の緊張が高まる時期
  • ②爆発期:高まった緊張が、暴言や威圧的な態度といった形で爆発する時期
  • ③ハネムーン期:爆発期のできごとについて大げさに謝罪する、機嫌をとる等、うってかわって優しくなる時期

ご質問者様のケースでは、上記のサイクルが繰り返されていると思われます。モラハラをする人が優しい態度をとるのは「③ハネムーン期」にあたる行動で、相手が自分から離れないよう繋ぎとめるためのものです。

まずは、暴言の内容がどのようなものだったのか録音したり、書き留めたりして記録に残しましょう。暴言を吐かれた時期とたまに優しくされた時期とを見比べるとサイクルが見えてきます。このサイクルを繰り返すうちに、サイクルの速度は上がり、モラハラの程度も深刻化するといわれています。モラハラ行為が悪化する前に、早めに弁護士へご相談ください。

Q:

モラハラ夫との離婚が成立するまでの間、別居を考えています。夫に無断で別居したら違法になりますか?

A:

ご質問者様のケースであれば、違法にはならないでしょう。

法律の決まりで、夫婦は同居しなければならないとされています。そのため、夫に無断で別居すると、同居義務違反、つまり違法だと判断されてしまうケースはあるものの、「別居しても仕方がない」と思えるような正当な理由があるなら違法とは判断されません。別居の理由が夫のモラハラの場合、「夫と同じ家で一緒に暮らすのは難しい」と考えられ、別居は正当な理由によるものだと認められるでしょう。

Q:

現在、モラハラ夫と別居中ですが離婚を考えています。夫と会わずに離婚する方法はありますか?

A:

まず考えられるのが、「離婚調停」によって離婚する方法です。調停で話す相手は夫ではなく調停委員であり、基本的に夫と会わずに話し合いを進めることができます。

また、弁護士に依頼して、離婚に向けての手続きを代わりに行ってもらうという方法もあります。弁護士に任せれば、夫と会う機会を必要最小限に抑えることができます。さらに、法律の専門家であり、交渉のプロである弁護士が主張・立証するので、ご自身だけで行うよりも離婚を成立させられる可能性が高まります。

Q:

不妊を理由に夫からモラハラを受けています。離婚する場合、慰謝料請求は可能でしょうか?

A:

モラハラによって精神的ダメージを受けているなら、離婚するときに慰謝料請求は可能です。モラハラは、態度や言葉で心を傷つける精神的暴力であり、慰謝料請求の根拠となる“不法行為”にあたるからです。例えば、毎日のように「子供ができないのはお前のせいだ」などと暴言を吐かれ、精神的ダメージを受けた場合には、慰謝料を請求できると考えられます。

ただし、裁判で慰謝料請求が認められるには、モラハラをされていたという事実や、どれほどの精神的ダメージを受けたのかを証明する必要があります。そのため、有効な証拠をどのくらい準備できるかが重要なポイントになってきます。

モラハラ夫との離婚は弁護士にお任せください

勇気を持って「離婚したい」と伝えても、モラハラ夫が素直に応じるとは限りません。また、モラハラ被害は他人から見てわかりにくいため、証明するのに苦戦することもあります。

モラハラ夫との離婚を考えたときは、弁護士にお任せください。モラハラ夫は妻にだけ威圧的な態度をとりがちであるため、弁護士が交渉すると態度がコロッと変わり、離婚に応じてくれる可能性があります。また、弁護士なら、モラハラを証明するためにどのような証拠が役立ちそうか、適切に判断してアドバイスできます。

モラハラ夫に苦しめられているものの、周囲にはなかなか気づいてもらえず、ひとりで悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。弁護士法人ALGには、モラハラをはじめとする離婚問題を数多く解決してきた弁護士がそろっています。モラハラ夫との離婚でお悩みのときは、ぜひ弊所にご相談ください。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談予約受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

お電話でのご相談受付

0120-979-164

24時間予約受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する
弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修:谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates 執行役員 弁護士
保有資格弁護士(愛知県弁護士会所属・登録番号:41560)

弁護士法人ALG&Associates 事務所情報

お近くの事務所にご来所いただいての法律相談は30分無料です。お気軽にお問い合せください。

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

関連記事