妻の浮気(不倫)を理由に離婚 子供の親権はどうなる?

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
この記事の監修
弁護士 谷川 聖治
弁護士法人ALG&Associates 執行役員

妻の浮気(不倫)が発覚した場合、夫婦の選択肢には“離婚”と“関係修復”の2つが挙げられるでしょう。もし、選択したのが離婚で、夫婦の間に未成年の子供がいたら、親権争いに発展しかねません。

夫側からすると、浮気をされたうえに親権も譲ることになってしまうのは耐え難いことです。しかし、慎重に検討・交渉しないと、そのような事態となってしまうおそれがあります。

ここでは、妻の浮気を理由に離婚を選択した場合、子供の親権はどうなるのか、夫側が親権者となるにはどうしたら良いのか、といった点について詳しく解説していきます。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

お電話でのご相談受付

0120-979-164

24時間受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

浮気をした妻から親権を取ることは可能?

人間の心理としては、「浮気をされた側が親権を取れて当然」と思いたくなるところですが、法的には、浮気と親権は別問題として扱われます。そのため、残念ながら妻に浮気をされたからといって、それだけで親権獲得において夫が有利になるわけではありません。事実、妻の浮気の有無にかかわらず、今までの育児を主として行っていたのが妻であった場合等、最終的に浮気をした妻が親権を獲得する事例が多いです。

浮気をした妻に親権が認められないケース

しかし、妻の浮気が子供に悪影響を与えている場合は、事態が変わります。親権争いの中で最も重要視されるのが、“子供の利益”であるからです。次のような場合は、浮気した妻が親権者として認められにくくなります。

  • 妻や妻の浮気相手が子供を虐待している
  • 浮気に夢中で、育児放棄をしている
  • 浮気相手に会うために、長時間子供を家に放置している
  • 子供自身が、妻や妻の浮気相手と一緒に暮らすことを嫌がっている

浮気をした妻から親権を取るためにやるべきこと

浮気をしたとはいえ、親権獲得において有利な妻を相手に、夫が親権を取るためにはどうしたら良いのでしょうか? 以下のページでは、父親に向けた親権獲得について詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

証拠を集める

まずは、妻の浮気によって子供の利益が侵害されていることを証明しましょう。そのためには、明確な証拠が必要となります。

例えば、前提となる妻の浮気現場の写真や動画、さらに妻のそのような浮気が原因で子供への虐待や育児放棄を行うに至った場合は、子供の被害写真や医師の診断書等が有用です。仕事を抱える中、証拠収集が難しい場合には、探偵事務所等に調査を依頼することも一つの手段として挙げられます。

慰謝料の請求について譲歩する

浮気をした妻は、法的に“有責配偶者”とされます。浮気をされた夫は、妻や浮気相手に対して慰謝料を請求することができます。その点を親権争いに絡めて交渉することで、夫が親権を獲得できる可能性があります。

具体的には、慰謝料を請求しない、または減額する代わりに、親権者を自分にするよう交渉してみるという方法です。

以下のページでは、浮気をした妻の慰謝料について解説していますので、ぜひご覧ください。

浮気をした妻から親権を取れるか不安・・・弁護士が親身にアドバイスいたします

「母性優先の原則」「継続性の原則」等が考慮される親権争いは、結果的に母親が親権者となることが多いです。たとえ、離婚の理由となった浮気が妻によるものだとしても、浮気と親権は別問題であるため、親権者決定において母親が優勢であることに変わりはありません。

しかし、浮気という有責性に加えて、浮気の具体的な行動等の一つ一つが子供の利益に悪影響を及ぼしていることが証明できれば、夫が親権を獲得できる可能性があります。その可能性を高めるためにも、ぜひ弁護士にご相談ください。弁護士が介入することによって、的確な証拠収集のアドバイスを受けられるだけではなく、慰謝料の交渉を任せることもできます。親権者となることを諦めてしまう前に、ぜひ一度、弁護士にご相談ください。

親権者を決める流れ

親権を決める流れ

夫婦のどちらが親権者となるか、この決定は双方の合意、または裁判所の判断によってなされます。

まず、夫婦間による協議や、裁判所での調停で、話合いによる合意を試みます。話合いによる解決が困難な場合は、訴訟に移行し、裁判所の判断に委ねられることとなります。

妻の浮気は養育費に影響するのか?

養育費の支払い義務は、“生活保持義務”に基づいています。法的に、“浮気”と“養育費の支払い義務”は無関係であるため、たとえ浮気をした妻が親権者となった場合でも、浮気をされた夫は養育費の支払い義務を負わなければなりません。逆に、夫が親権者となった場合は、妻に養育費を請求することができます。つまり、親権者が非親権者に対して養育費を請求できるという枠組みは、原則、変わらないということです。以下のページでは、養育費について詳しく解説していますので、ぜひご一読ください。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

お電話でのご相談受付

0120-979-164

24時間受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

妻が浮気した場合の親権に関するQ&A

Q:

なぜ浮気をしていても親権獲得は母親が有利になるのでしょうか?離婚の原因は妻にあるのに納得できません

A:

親権者を決定するにあたって最も考慮されるのは“子供の利益”であり、浮気の事実があれば直ちに“子供の利益”が害されていると判断されるわけではないからです。浮気と親権は、まず別問題とお考えください。

そして、“子供の利益”を判断するにあたっては、今まで夫婦のどちらが主に子供の面倒を見ていたかという点や、特に子供が乳幼児の場合がそうですが、子供の健全な成長のためには母親とのふれあい等が重要とされる点等が、事実上、親権者決定において母親(妻)に有利に作用することになります。

Q:

浮気をした妻との離婚を考えています。専業主夫の場合、親権を持つことは可能でしょうか?

A:

いわゆる“専業主夫”の事例では、“子供の利益”をより充実させることになるのは、夫(父親)との生活ですから、親権の獲得にあたって夫が有利に立つことができます。ただし、子供が生まれた後、妻が働きに出る等していたために、夫が育児の大半を行っていたことから、子供と多くの時間を過ごしてきたのは夫の側であるということを証明する必要があります。

Q:

妻が浮気に加え、借金もしていました。離婚する場合、父親が親権を取ることは可能でしょうか?

A:

浮気と同様、借金もそれ自体が親権の判断に影響を与えるということはありません。借金があっても、子供の育児等に具体的な支障が生じ、子供の利益を害するとは限らないからです。

しかしながら、子供の育児等に具体的な支障が生じる場合、例えば、借金の返済のために仕事を増やさざるを得なくなったり、夜間勤務を増やさなければならなかったりして、子供の面倒を見る時間が減り、その結果子供が不安等を訴えるようになり、各種の問題行動を起こすようになったというような場合は、親権の判断にあたって借金が強く影響することになります。

浮気をした妻と親権について交渉する際は、一度弁護士にご相談ください

今まで連れ添ってきた妻の浮気という事実を前に、怒りや悲しみ、憎しみ、落胆、不安、絶望等、様々な感情が入り乱れているご状況だと思います。浮気をした妻と、親権や離婚に関する話合いをすることは、相当な労力を要することでしょう。

繰り返しになりますが、浮気と親権は法的に別枠の問題です。離婚をした親権者の約9割が母親であるという実情からもわかるとおり、男性が親権を獲得するのは容易ではありません。

仕方がないからと泣き寝入りしてしまう前に、ぜひ弁護士に相談してみましょう。第三者であり、法律の専門家でもある弁護士が介入することで、感情的になることなく交渉を進めることができるうえに、浮気をした有責性に絡めて親権獲得を有利に進められる可能性が高まります。弁護士法人ALGは、初回30分の相談を無料で承っていますので、ぜひお気軽にお問合せください。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

お電話でのご相談受付

0120-979-164

24時間受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

事務所情報

お近くの事務所にご来所いただいての法律相談は30分無料です。お気軽にお問い合せください。

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

関連記事