マザコンの夫と離婚したい | マザコン夫5つの特徴

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
この記事の監修
弁護士 谷川 聖治
弁護士法人ALG&Associates 執行役員

夫が母親思いであるのは良いことですが、度を超えたいわゆる「マザコン」であることが発覚した場合、このまま結婚生活を続けていけるのか、悩まれる方もいらっしゃるでしょう。妻よりも母親を大事にされたら、妻としては、夫への愛情が薄れていき、別れたいと思われるのもやむを得ません。

マザコン夫と離婚したい場合、何に注意すべきなのか、そもそもマザコンを理由に離婚することはできるのか等、「マザコン夫との離婚」について、本ページで詳しく解説していきます。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

お電話でのご相談受付

0120-979-164

24時間受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

マザコン夫の特徴

マザコンとは、マザーコンプレックスの略称で、子供が母親に依存し、強い愛情を抱いている状態を意味する和製英語です。

母親思いであることとは何が違うのだろう?と、疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。どのような言動をしていたらマザコンだといえるのか、明確な基準はありませんが、以下に挙げるような言動があった場合、マザコン夫の疑いがあります。

母親に何でも相談する

母親に何でも相談する夫は、マザコンである可能性が高いです。マザコン夫は、日常の些細な出来事から、仕事のトラブルや夫婦問題といったことまで、「いい大人がそこまで母親に聞くの?」と思うようなことに対しても、逐一母親に意見を求める傾向にあります。

妻より母親を優先する

マザコン夫は、母親を第一に考えます。妻の意見ではなく母親の意見に従ったり、妻との予定が入っていたとしても母親の急な頼みを聞いたりする等、妻、ひいては子供よりも、母親を優先しがちです。

妻と母親を比較する

マザコン夫の場合、理想の女性像は母親だという方が多く、何かと妻と母親を比べがちです。例えば、妻の手料理に対し「母親の味付けと違う。母親の料理の方がおいしい。」などと言い、母親と比較したうえに妻に文句を言う夫はマザコンである可能性が高いです。

夫婦のデートや旅行に母親も同行

夫からデートや旅行に誘われたら、夫婦2人きりで過ごすものだと想像しませんか?しかし、なかには母親を同行させる夫もいます。夫婦のデートや旅行に夫の母親も同行したら、妻としては心置きなく楽しむことは難しいでしょう。マザコン夫の場合、そんな妻の気持ちも考えず、当然のごとく夫婦のデートや旅行に母親を連れてくることがあります。

自分でいろいろな意思決定ができない

母親思いの夫とマザコン夫の大きな違いともいえるのは、母親から自立できているかどうか、という点です。マザコン夫の場合、母親から自立できておらず、自分で意思決定することを苦手としている方が多いです。重要な決断を迫られたときでさえも、自分一人では決められず、母親に意見を聞いてから決める傾向にあります。

マザコン夫と離婚できる?

マザコン夫との生活に耐えられず、別れたいと思った場合、離婚できるのでしょうか?

離婚の方法にはいくつか種類がありますが、協議調停による離婚の場合、当事者間の合意が成立すれば、離婚することができます。離婚理由は問われないため、マザコン夫であるからという理由でも、離婚は可能です。

しかし、裁判を行うことになった場合には、裁判所が離婚の成否を決めることになり、離婚請求を認めてもらうには、法定離婚事由に該当している必要があります。法定離婚事由には、「マザコン」という文言は見当たりません。ですが、個別の事情を検討することで、法定離婚事由に当てはまる場合があります。

今回ご紹介した3つの離婚方法(協議・調停・裁判)について、詳しい内容は下記の各ページをご覧ください。

法定離婚事由とマザコンは結びつくのか

夫のマザコンで、ただちに法定離婚事由に該当するとは判断してもらえないでしょう。しかしながら、夫のマザコンがきっかけとなり、夫婦関係が破綻しているような状況であれば、「その他婚姻を継続し難い重大な事由」という法定離婚事由に該当すると判断してもらえる可能性はあります。そのためには、夫のマザコンが原因で夫婦関係が破綻していることが、客観的にわかるような証拠が必要になります。

マザコン夫が離婚に応じてくれない場合

マザコン夫は、自分がマザコンであることに気づいていないケースが多く、離婚したいと伝えたところで、なかなか応じてくれないこともあります。このようなときには、別居して、お互いに冷静に考える時間を設けるというのも手です。それでも、話し合いがまとまらないようであれば、離婚調停や離婚裁判といった家庭裁判所の手続を利用し、離婚成立を目指していくこととなります。

なお、別居期間が相当長期にわたった場合、離婚裁判において、「その他婚姻を継続し難い重大な事由」という法定離婚事由に該当すると判断してもらえる可能性があります。

ただし、別居する際には注意すべき点もあります。詳しい内容は、下記のページをご覧ください。

マザコン夫との離婚でお困りの場合は弁護士にご相談ください

マザコンは病気ではありませんが、改善するように促したところで、早々治るものではないでしょう。

夫のマザコンに嫌気がさし、離婚したいと思っても、夫のマザコンが理由である離婚を、裁判所に認めてもらうことは困難です。また、何でも母親に相談しがちなマザコン夫ですから、母親が口をはさんでくる事態ともなり得ます。そのような状態で離婚や離婚条件について交渉するとなると、相当なストレスを感じられるのではないでしょうか?

弁護士であれば、抱えているお悩みに対して適切なアドバイスができる他、代理人として相手方と交渉することも可能です。マザコン夫との離婚でお困りの場合には、まずは弁護士にご相談ください。

マザコンを理由に慰謝料請求できる?

マザコンのみを理由に、慰謝料を請求するのは困難です。慰謝料請求に必要な不法行為には当たらないとされる可能性が高いためです。

しかし、場合によっては慰謝料を請求できるケースもあります。例えば、義母から嫌がらせを受けているのにマザコン夫は義母の味方ばかりして、精神的に追い詰められた場合や、マザコンが原因で夫婦関係が破綻してしまっている場合、マザコンの他に不貞行為やDVといった不法行為があった場合等には、慰謝料を請求できる可能性があります。ただし、慰謝料請求を認めてもらうには、請求理由となった相手の行為を立証する証拠が必要です。

義母にも請求できるのか

夫のマザコンが原因で夫婦関係が破綻しても、あくまで夫婦の問題であるため、義母に対して慰謝料を請求することはできません。ただ、義母からモラハラを受けていた等の事情があれば、不法行為に該当するとして、慰謝料請求できる可能性もあります。詳しくはこちらをご覧ください。

裁判例

マザコンとまでは言い切れないものの、自身の両親の言うがままとなっている夫との離婚が認められた裁判例を、参考としてご紹介します。

【名古屋地方裁判所岡崎支部 昭和43年1月29日判決】

事案の概要

裁判所は、事実として、夫(被告)は、家庭内のことには全く無関心で、妻(原告)と夫の両親との度重なる不和にもかかわらず、積極的に家庭内の不和の原因を解消し、円満を取り戻すよう努力したことはなく、ただ両親の意のままとなって、婚姻関係を維持するための誠意を示さなかったこと等を認めました。

裁判所の判断

そして、これらの認定事実に基づき、夫の両親と妻の不和が原因で、夫婦間の婚姻関係が円満を欠くに至ったところ、妻においていかに努力しようと、夫が従前の無関心な態度を改め、積極的に家庭内の円満を取り戻すよう努力を払わない限り、婚姻関係の平和を取り戻し、これを維持することは困難であると判断しました。

この事案では、最終的に、夫は積極的に家庭内の不和の原因を解消し円満を取り戻すよう努力する等、婚姻関係を維持するための誠意を示さなかったことを主な理由に、「婚姻関係を継続し難い重大な事由」があるとして、妻からの離婚請求が認められました。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

お電話でのご相談受付

0120-979-164

24時間受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

マザコンと離婚に関するQ&A

Q:

マザコン夫から義母と同居するように言われましたが、義母とうまくいっておらず、同居したくないです。拒否した場合は法定離婚事由になってしまいますか?

A:

むしろ逆に、夫が妻と義母との間に不和状態があることを知りながら、それを放置するなどの不作為だけではなく、自ら自身の母に同調し、積極的に妻に対して・無理強いをしたことがきっかけとなり、妻の夫に対する信頼感が失われ、妻が婚姻維持の意思を喪失したとして、「婚姻関係を継続し難い重大な事由」が認められる余地があります。

この点については、【東京地方裁判所 昭和38年5月27日判決】が参考になります。

マザコン夫と離婚したい場合は弁護士に相談して早期解決を目指しましょう

妻よりも母親を優先したり、母親への依存が強かったりするようなマザコン夫では、愛想をつかしてしまうのも無理はありません。なんとか受け入れて、夫婦生活を続けようとする方もいれば、耐え切れずに離婚を決意する方もいらっしゃるかと思います。

しかし、マザコン夫の多くは、マザコンであるという自覚がないため、離婚に素直には応じてくれない可能性があります。最終的に裁判で解決を図ろうとしても、離婚理由がマザコン夫であることのみでは、離婚を認めてもらうのは困難です。

マザコン夫と離婚したい場合は、まずは弁護士に相談してみることをお勧めします。弁護士なら、どのように離婚を進めていけば良いのか、適切にアドバイスすることができますし、ご相談者様の状況を丁寧に聞き取り、マザコンの他に法定離婚事由となり得る事情がないかどうか判断することもできます。

マザコン夫との離婚問題が長引けば長引くほど、精神的な負担は大きくなる一方です。法律の専門家である弁護士を味方につけて、早期解決を目指しましょう。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

お電話でのご相談受付

0120-979-164

24時間受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

事務所情報

お近くの事務所にご来所いただいての法律相談は30分無料です。お気軽にお問い合せください。

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

関連記事