【2019年】養育費算定表が改定されました。

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
この記事の監修
弁護士 谷川 聖治
弁護士法人ALG&Associates 執行役員

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

お電話でのご相談受付

0120-979-164

24時間受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

新養育費算定表(2019年)の概要

新養育費算定表では、従来から問題となっていたひとり親世帯の貧困を改善するために、養育費の支払い額の基準が多くの場合で引き上げられました。
2019年12月23日以降に、裁判所のウェブサイト上で公開されているものが、新養育費算定表となります。

改定前の養育費算定表は、2003年に作成されたものであり、当時の税制や社会保障制度等は、現在とは大きく異なっているため、新養育費算定表では最新の統計値などが用いられています。

近年、養育費の未払い問題が社会問題化されており、直近になされた2016年度の厚生労働省の調査(ひとり親世帯等調査結果報告)によると、特に母子家庭のうち、養育費を現在も受け取っているのは、24.3%となっており極めて低い割合となっています。

養育費自体が低額であることや養育費の未払いが多発していることから、現在様々な改正が行われており、新養育費算定表は養育費の金額の底上げが目的とされています。

【注意点】
「新算定表」とインターネット上で検索した場合に、2016年に日本弁護士連合会(日弁連)から提言された養育費算定表が、新算定表として検索結果に表示されている場合があります。
残念ながら、日弁連が新算定表として提言した養育費算定表は実務上あまり定着せず、裁判上もほとんど使われていないのが現状です。
新養育費算定表について調べる場合は、2019年12月23日以降に作成された記事であるか否かを確認してください。

新養育費算定表では何が変わったのか?

子供の生活費指数が変わりました。

子供の生活費指数が、0~14歳の子供については、新養育費算定表では62(旧養育費算定表では55)となり、引き上げられました。一方、15歳以上の子供については、新養育費算定表では85(旧養育費算定表では90)となり、引き下げられることになりました。

(1)15歳未満のお子様について

15歳未満の小さいお子様のみがいる家庭では、生活費指数が引き上げられるため、養育費が旧養育費算定表に比べ高額になります。

(2)15歳以上のお子様について

15歳以上のお子様のみがいる家庭では、15歳以上のお子様の生活費指数が引き下げられたことにより、養育費が下がってしまうのでしょうか?

この点については、生活費指数のみで見ると引き下げられるように思われますが、実際には、生活費指数のみではなく、同時に基礎収入割合も変更されています。そのため、15歳以上のお子様がいる家庭においても、旧養育費算定表と比べて、養育費は変わらないか高くなる傾向にあります。

基礎収入が変わりました。

養育費を算定する際、年間の収入から税金や社会保険料、その他様々な経費を控除して、家庭のなかで生活費として自由に使用できる金額はどのくらいあるのかを算出します。この金額を、基礎収入といいます。

総収入の中での基礎収入の割合は、給与所得者においては旧養育費算定表では、34%~42%でしたが、新養育費算定表では38%~54%となりました。
すなわち、低所得者層でも高所得者層でも、総収入に占める基礎収入の割合が高くなったため、養育費を支払う側(義務者)の負担が大きくなりました。

その結果、15歳以上のお子様がいる世帯においても、旧養育費算定表と比較した場合、同額になるか、高くなることになりました。

新養育費算定表が公表されたことの影響

(1)過去に養育費を取り決めている場合、養育費はどうなるのでしょうか?

養育費の増額・減額をする場合、事情の変更があれば、養育費を変更することが可能となりますが、新養育費算定表ができて公表された事実は、養育費の変更自由である、「事情変更」には該当しないと、明確にされています。

2019年12月23日より前に、当事者間での合意(公正証書によるものも含む)、調停、裁判いずれの形で取り決めていたとしても、当然に養育費が増額されるということはありません。
したがって、新養育費算定表が発表され、新養育費算定表によれば養育費が増額するはずだという主張のみの請求は、原則的に認められません。
新養育費算定表により養育費を増額したい場合には、新たに協議し直して当事者間で合意するか、調停等で新養育費算定表に基づいて養育費の金額を取り交わす必要があります。

なお、既に調停等で養育費が取り決められている場合は、「取り決めた当時と比較して年収に変更があったこと」など、事情の変更が存在することを併せて主張する必要があるでしょう。

(2)「養育費の支払いは“成年”になるまで」とは、いつまでを指すのか?

民法の一部が改正されることになり、成年年齢が2022年4月1日から、18 歳に引き下げられます。この点、養育費をいつまで支払うかについて、合意書や調停調書上「成年」に達する日までなどと定められたものが一定数存在しますが、「成年」の意義は、「基本的には20歳と解するのが相当である」と発表されました。

これは、養育費をいつまで負担するかについては、子供が未成熟子を脱する時期と考えられており、「成年」=「未成熟子を脱する時期」ではないとの見解からです。そのため、これまでと同様、養育費をいつまで負担するかについては、未成熟子を脱する時期が特定して認定されないケースでは、子供が20歳になる時期までとされるものと考えられます。

新算定表と旧算定表との比較の具体例

※義務者が給与所得者、権利者の年収0円 0~14歳の子1人の場合
義務者の収入 旧養育費算定表 新養育費算定表
300万円 2~4万円 4~6万円
500万円 4~6万円 6~8万円
800万円 8~10万円 10~12万円
1000万円 10~12万円 12~14万円

※義務者が給与所得者、権利者の年収0円 0~14歳の子1人・15歳以上(旧養育費算定表では15~19歳)の子1人の場合
義務者の収入 旧養育費算定表 新養育費算定表
300万円 4~6万円 6~8万円
500万円 8~10万円 10~12万円
800万円 14~16万円 14~16万円
1000万円 16~18万円 18~20万円

多くの場合が、算定表上2万円程度増加していることがわかると思います。

また、表上では同じ区分に入っていたとしても、下限に近かった場合と、上限に近かった場合とでは、実際に養育費を決める際には大きな違いになります。

その他の養育費の支払いを促進するための制度

新養育費算定表の作成は、養育費の金額の底上げのために行われましたが、養育費の制度改革は他にもあります。
民事執行法が改正され、2020年4月(令和2年)に施行されます。この改正による変更点は、下記2点です。

1つ目は、養育費について公正証書や調停調書等により取り決めたにもかかわらず、未払いの場合に、財産開示制度の手続きが拡充され、「第三者からの情報取得手続き」として銀行口座等の開示ができるようになります。

2つ目は、市区町村の年金事務所から、義務者の勤務先を照会できるようになります。勤務先が分かれば、給与からの差押えが容易になるため、養育費の支払いについて、任意での支払いが促進されると思います。
具体的な強制執行手続きについては、下記をご確認ください。

また、明石市が、養育費の未払いについて、市が一旦立て替えて養育費の支払い義務者である親から回収する制度や、養育費を支払わない親の氏名を公開する制度を検討するなど、市区町村レベルでも様々な制度改革が検討されています。
今後は、養育費は支払うべきという社会的気運が高まるのではないかと思います。

まとめ

養育費について、算定表が改定されましたが、実際裁判になったときには養育費の算定表を見るだけで解決するというものではなく、算定表を用いてどのように主張するのか、算定表に反映されていない特殊事情はあるのかなど、個別の事情に応じて主張立証を行わなければならないことは、今までと変わりません。

離婚件数は増加傾向にあり、当事者だけでは解決できない問題がたくさんあります。
養育費についてお悩みの方はたくさんいらっしゃいますが、実際は、養育費だけで離婚問題が解決できるとは限りません。
養育費、そして離婚問題についてお悩みの方は、弁護士法人ALGにご相談ください。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

お電話でのご相談受付

0120-979-164

24時間受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

事務所情報

お近くの事務所にご来所いただいての法律相談は30分無料です。お気軽にお問い合せください。

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

関連記事
養育費が支払われない場合は弁護士にご相談ください養育費の請求に関するよくあるご質問養育費が適正に支払われることが当たり前の社会に養育費の回収方法養育費が支払われずお困りの方へ養育費未払いの問題点養育費未払い対応は弁護士にお任せ下さい養育費の相場|年収500万円の場合養育費の相場|年収1000万円の場合養育費の相場|年収300万円の場合養育費に連帯保証人をつける条件や方法養育費は扶養控除可能|控除の条件と注意点扶養義務の範囲や養育費との違いをケース別で解説いたします妊娠中の離婚でも養育費がもらえる場合年収が高いと養育費も上がる。年収別の相場表養育費未払いへの6つの対処法自己破産した際の養育費 | 免責はされるのか再婚しても養育費はもらえるか養育費算定表で養育費を調べるには養育費の調停にかかる費用と流れ養育費に税金はかかるのか|控除の対象になるか養育費を増額請求するための条件子供の認知は養育費に大きく関わる | 認知の方法養育費の減額は拒否できるのか養育費の減額請求養育費の時効とは | 5年の場合・10年に延びる場合再婚による養育費への影響について再婚したら養育費を免除できるのか養育費の公正証書 | メリットや書き方養育費の増額を拒否するには養育費は払う義務がある?払わないとどうなるか養育費はいつまで払うのか養育費を強制執行する手続き | 相手から回収したい方養育費を強制執行されたらどうなるのか養育費を一括で支払ってもらうために知っておきたいこと