妊娠中の離婚でも養育費がもらえる場合

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
この記事の監修
弁護士 谷川 聖治
弁護士法人ALG&Associates 執行役員

妊娠中に離婚したいと考えている方のなかには、「妊娠中に離婚してしまったら、これから生まれてくる子供の養育費を、元夫からもらうことはできないのではないか?」と不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。

妊娠中に離婚した場合であっても、養育費をもらえる余地はあります。ですが、お子様の出生時期によっては、養育費を請求するために手続を踏む必要が生じることがあります。
妊娠中に離婚した場合の養育費について、本記事で詳しく解説していきます。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

お電話でのご相談受付

0120-979-164

24時間受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

妊娠中に離婚しても養育費を請求できる場合はある

妊娠中に離婚したとしても、離婚後300日以内に出産した場合は、元夫に対して、生まれた子供の養育費を請求することができます。

しかし、離婚後300日より後に出産した場合には、元夫に対する養育費の請求権は当然には発生しません。養育費を請求するためには、元夫に子供を認知してもらう必要があります。
次項より、これらの詳しい説明をしていきます。

なお、出産する前の段階において、母親(元妻)の承諾を得たうえで、元夫が任意で認知すること(胎児認知)は可能です。胎児認知してもらえれば、子供の出生後、元夫に養育費を請求することができます。

妊娠中に離婚して300日以内に子供が生まれた場合

平均的な妊娠期間は、最終月経開始日から280日といわれています。そのため、妊娠中に離婚した方の多くが、離婚後300日以内に出産を迎えることが予想されます。

離婚後300日以内に出産した場合、生まれた子供は、元夫の嫡出子(婚姻関係にある男女間に生まれた子)と推定されます。子供と元夫の法律上の父子関係が成立しているため、親権者となる母親(元妻)は、非親権者である元夫に対して、子供の養育費を請求することができます。

また、婚姻した際に元夫が戸籍の筆頭者となっていた場合、離婚後300日以内に生まれた子供は、元夫の戸籍に入ります。子供は父親(元夫)の姓を名乗ることになるため、親権者である母親と子供の姓が異なるという事態が生じてしまいます、母親と子供の姓を同じにするには、家庭裁判所に「子の氏の変更許可」の申立てを行って許可を得る必要があります。

妊娠中に離婚し300日以降に子供が生まれた場合

一方、離婚後300日より後に出産した場合、生まれた子供は元夫の子であるという法律上の推定がなされないことから、非嫡出子(婚姻関係にない男女間に生まれた子)となり、元夫と子供の間に法律上の父子関係は成立しません。元夫には子供の扶養義務は生じないため、元夫に対して養育費を請求することはできません。

しかし、元夫に子供を認知してもらえれば、元夫に対する養育費の請求が可能になります。認知によって元夫と子供との法律上の父子関係が成立し、元夫にも子供の扶養義務が生じるためです。

また、離婚後300日より後に生まれた子供は、母親の戸籍に入り、母親の姓を名乗ることになります。元夫(父親)が子供を認知したとしても、子供の戸籍が自動的に父親の戸籍に移動するということはありません。

妊娠中に離婚し300日以降に子供が生まれた場合でも養育費を請求するためには

相手に子供を認知してもらう

離婚後300日より後に出産した場合、元夫に子供を認知してもらうことで、養育費の請求権が発生します。

元夫が自分の意思で認知(任意認知)してくれれば良いのですが、任意認知に応じてくれない場合には、家庭裁判所に認知調停を申し立てることになります。調停も不成立となったら、最終的な手段として、認知の訴え、つまり訴訟を起こすまでに発展していきます。

相手が任意認知に応じてくれなかったら

離婚後300日より後に生まれた子供の養育費を元夫に請求するためには、元夫に子供を認知してもらう必要があります。
元夫が自分の意思で認知する、任意認知に応じてくれなければ、審判認知強制認知という裁判所の手続を経て認知してもらうことになります。

妊娠中に離婚したときの養育費の相場

養育費の相場として、家庭裁判所が公開している「養育費算定表」が参考にされることが多いです。妊娠中に離婚したときも、養育費の金額を決めるにあたり相場を確認する際には、通常の離婚と同様、「養育費算定表」が参考になります。

さらに詳しく
養育費算定表の使い方

妊娠中に離婚したときの養育費の請求と出産日の関係

妊娠中に離婚した場合、元夫に対して子供の養育費を請求できるかどうかは、離婚後いつ出産を迎えたのかによって異なります。

離婚後300日以内に出産した場合は、子供は元夫の嫡出子と推定されるため、養育費を請求することが可能です。

これに対し、離婚後300日より後に出産した場合、元夫に養育費を請求するには、元夫に認知してもらわなければなりません。離婚後300日より後に生まれた子供は、非嫡出子となり、法律上父親と推定される者がいないため、認知によって法律上の父子関係を明らかにする必要があるのです。元夫が任意で認知することに応じてくれない場合には、認知調停や認知の訴えという裁判所の手続を要することになります。

なお、認知されていなくても、元夫が任意で養育費を支払ってくれる場合もありますが、支払いが滞ったときに対処できないおそれがあります。

このように、妊娠中の離婚では、子供について、通常の離婚の場合とは異なる扱いがなされることがあります。そのため、子供の養育費を元夫に請求するにあたっては、様々なトラブルが生じ得ることも、想像に容易いのではないでしょうか。

妊娠中に離婚して養育費のことでお困りなら、弁護士への相談がお勧め

お腹に新しい命を宿しているなかで離婚を進めていくのには、精神的にも身体的にも相当なご負担がかかることでしょう。離婚後、子供を育てていくためのお金の心配が拭えない方も多くいらっしゃるかと思います。そのため、子供の養育費を受け取れるかどうかは、とても重要になります。

ですが、これまで説明してきたとおり、妊娠中の離婚では、子供の養育費を元夫に請求できるかどうかは、子供の出生時期によって異なります。また、養育費を請求できるとしても、相手が請求に応じてくれないようであれば、養育費請求調停や審判という裁判所の手続を踏んでいかなければなりません。

妊娠中に離婚した場合の養育費についてお困りの方は、まずは弁護士に相談することをお勧めします。弁護士であれば、ご相談者様の状況を伺い、元夫に対して養育費を請求できるかどうか、どのくらいの養育費を受け取れる可能性があるかどうかを、法律知識に基づき適切にアドバイスすることができます。また、弁護士にご依頼いただければ、代理人となって、必要な裁判所の手続を行うこともできます。

弁護士法人ALGでは、事業部制をとっており、離婚問題を集中的に取り扱う事業部もございます。離婚問題について、安心してご相談いただける環境を整えておりますので、妊娠中に離婚し、子供の養育費についてお困りの際には、弁護士法人ALGにぜひご相談ください。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

お電話でのご相談受付

0120-979-164

24時間受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

事務所情報

お近くの事務所にご来所いただいての法律相談は30分無料です。お気軽にお問い合せください。

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

関連記事
養育費が支払われない場合は弁護士にご相談ください養育費の請求に関するよくあるご質問養育費が適正に支払われることが当たり前の社会に養育費の回収方法養育費が支払われずお困りの方へ養育費未払いの問題点養育費未払い対応は弁護士にお任せ下さい養育費の相場|年収500万円の場合養育費の相場|年収1000万円の場合養育費の相場|年収300万円の場合【2019年】養育費算定表が改定されました。養育費に連帯保証人をつける条件や方法養育費は扶養控除可能|控除の条件と注意点扶養義務の範囲や養育費との違いをケース別で解説いたします年収が高いと養育費も上がる。年収別の相場表養育費未払いへの6つの対処法自己破産した際の養育費 | 免責はされるのか再婚しても養育費はもらえるか養育費算定表で養育費を調べるには養育費の調停にかかる費用と流れ養育費に税金はかかるのか|控除の対象になるか養育費を増額請求するための条件子供の認知は養育費に大きく関わる | 認知の方法養育費の減額は拒否できるのか養育費の減額請求養育費の時効とは | 5年の場合・10年に延びる場合再婚による養育費への影響について再婚したら養育費を免除できるのか養育費の公正証書 | メリットや書き方養育費の増額を拒否するには養育費は払う義務がある?払わないとどうなるか養育費はいつまで払うのか養育費を強制執行する手続き | 相手から回収したい方養育費を強制執行されたらどうなるのか養育費を一括で支払ってもらうために知っておきたいこと