電話受付専任の受付職員がお話を伺います

0120-979-164
通話無料

24時間受付・年中無休

養育費

再婚による養育費への影響について

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
この記事の監修
弁護士 谷川 聖治
弁護士法人ALG&Associates 執行役員

再婚したら、養育費に影響が出るのでは?と思われる方もいらっしゃるでしょう。再婚したからといって、必ずしも養育費に影響するわけではありません。ですが、場合によっては、再婚をきっかけに、養育費の減額や養育費の支払義務の免除が認められることがあり、反対に、養育費の増額が認められることもあります。本記事で詳しく確認していきましょう。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談受付来所相談30分無料

お電話でのご相談受付
24時間受付・年中無休・通話無料
メールでのご相談受付

再婚したからという理由だけでは、養育費の増減が決まるわけではありません

養育費は「事情の変更」があれば、養育費の金額を決めなおすことが可能です。ただ、一般に再婚をした場合に養育費の減額が認められる理由は、義務者が再婚することにより、義務者の扶養家族が増えるため、扶養家族一人当たりに費やすことができる金額が減少するためです。

そのため、義務者が再婚し扶養家族が増えたとしても、義務者の収入が大きく増加していた場合など、実際に計算してみるとむしろ、再婚後の生活水準が上がっており、養育費の減額が認められない場合もあります。

一言で再婚といっても色々パターンがあります

再婚したら養育費がどうなるの?とよく質問がありますが、誰が再婚したか、再婚して養子縁組をしたかにより、様々変わります。

<再婚のパターン>

  • 1 子供を養育している親権者(権利者)が再婚し、子供は養子縁組をしていない場合
  • 2 子供を養育している親権者(権利者)が再婚し、子供を再婚者の養子とした場合
  • 3 子供を養育せず養育費を支払っている親(義務者)が再婚した場合

養育費の減額請求が認められるケースについて

いずれのケースも、元夫が義務者であった場合とします。

再婚により養育費が減額する場合

・元夫が再婚しその妻が専業主婦の場合
配偶者間には扶養義務があるため、元夫の再婚相手が専業主婦の場合には、元夫が再婚相手を養う必要があるため、扶養家族の増加を理由に減額請求が認められる可能性があります。

・元夫が再婚し子供ができた場合
再婚をして子供ができた場合には、新たにできた子供に対しても扶養義務が発生します。再婚をして子供が新たにできたからといって、元妻との間の子供に対する扶養義務がなくなるわけではありませんが、再婚相手との子にも扶養義務が生じることとの関係で、元妻との間の子供に対する扶養義務が相対的に減少することになり、養育費が減額できる場合があります。

・元夫が再婚し、再婚相手に連れ子がいて、養子縁組をした場合
再婚相手の連れ子であっても、養子縁組をすると、自らの子供と取り扱いは変わりません。そのため、再婚し子供ができた場合と同様、養育費が減額できる場合があります。

・元妻が働き始め年収400万円を得るようになった場合
専業主婦のため無収入であった元妻が働き始めれば、収入が増加することになるので、元夫婦両方の収入額をもとに算定された養育費は減額されることになるでしょう。

・再婚して元妻が働き始め、年収400万円を得るようになった場合
元妻が再婚し再婚相手が子どもを養子とした場合には、元妻との間の子供に対する扶養義務が、第一次的には元妻の再婚者に移ります。
そのため、元妻の再婚者が極めて収入が低いなどの特別な事情がなければ、養育費の減免が認められる可能性があります。

再婚により養育費が増額する場合

・元夫が昇給し大幅に年収が増えた場合
養育費は、基本的には自らの生活と同程度の生活水準を子供達にも与えることが前提とされており、元夫が昇給し、所得が増え生活水準が上がると、元妻との間の子供に対する養育費も増額しなければなりません。
そのため、再婚による減額事由があるからといって、養育費減額請求をしたら、増額事由もあり、逆に支払う養育費が増えてしまう場合があるので注意が必要です。

・元夫が再婚しその妻の年収が800万円である場合
元夫の再婚相手の年収が元夫と同じレベルかそれ以上の場合には、再婚後の世帯収入が大幅に増えます。元夫の生活費はそのような世帯収入から賄われるとみられ、養育費の支払い義務者が負担できる額が多くなると考えられることから、養育費の増額請求をされる可能性があります。

再婚による養育費の減額に相場はあるのか

再婚という事情変更による養育費の増減額を考えるには、2つの視点があります。
あくまでも、養育費が増減額されるのは、事情に変更があった場合であり、養育費を決定した合意時に取り入れられていた事実関係に差異がなければ、その事情は取り入れられます。

まずは養育費の減額の相場として、養育費の簡易算定表等を参考にするのがよいでしょう。

さらに詳しく
養育費算定表について

再婚した場合の養育費は弁護士にご相談ください

離婚後、お互いに新たな人生を歩み出し、ご自身が再婚する場合もあれば、元パートナーが再婚する場合もあります。再婚によって養育費にどのような影響が出るのだろうか、このような心配事を抱えていらっしゃる方は、弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。再婚に伴い養育費の減額・増額等は見込めるのか、弁護士が法的知識に基づき適切に判断し、アドバイスいたします。再婚が与える養育費への影響について、ご不安がある場合には、まずは弁護士にお気軽にご相談ください。

離婚のご相談受付
お電話でのご相談受付来所相談30分無料
24時間受付・年中無休・通話無料
まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

事務所情報

お近くの事務所にご来所いただいての法律相談は30分無料です。お気軽にお問い合せください。

関連記事

弁護士法人ALGの離婚問題専用窓口来所相談30分無料